報道発表資料

平成22年12月24日
廃棄物
この記事を印刷

再生砕石に混入するアスベスト対策のパトロール及び立入検査の実施結果等について(お知らせ)

  • 「再生砕石に混入するアスベスト対策について」(平成22年9月9日 厚生労働省、国土交通省及び環境省)に基づき、都道府県、労働基準監督署等が、再生砕石へのアスベスト含有建材の混入防止を図るため、解体現場及び破砕施設へのパトロール等を実施しました。(別紙[PDF 156KB])
  • パトロール等を実施した解体現場及び破砕施設において、それぞれ関係法令に係る不適正事例を発見しましたが、各現場及び施設の監督官庁において、適正処理等を指示し、改善させました。また、併せて再発防止に係る指導を行いました。
  • 引き続き、国として関係機関と連携し、法令遵守について継続した指導を行うなど、再生砕石へのアスベスト混入防止のための取組みを進めます。

1 解体現場に関するパトロール等の実施結果

(1) 建設リサイクル法等に関するパトロール

○ 実施期間:
 平成22年9月〜10月
○ パトロールを実施した現場数:
・ 都道府県等の建設部局及び環境部局、労働基準監督署の3者が合同で実施(A)
1,843箇所
・ 都道府県等の建設部局が実施した、分別解体等に係るもの(B)
9,316箇所
・ 都道府県等の環境部局が実施した、再資源化等に係るもの(C)
4,672箇所
(注 (A)は(B)(C)それぞれの内数)
○ 石綿含有建材に係る助言等を行った件数
・ 建設リサイクル法第14条(分別解体等の適正な実施)に基づく助言・勧告
5件
・ 建設リサイクル法第19条(再資源化等の適正な実施)に基づく助言・勧告
1件
・ 石綿予防規則に基づく指導
172件

(2) 廃棄物処理法に関する立入検査

○ 実施期間:
平成22年4月〜10月
○ 立入検査を実施した現場数:
11,089箇所
○ 石綿含有廃棄物に係る不適切事例に対し指導を行った件数:
33件

2 破砕施設(産業廃棄物の処理施設)に関する立入検査の実施結果

廃棄物処理法に基づく立入検査

○ 実施期間:
平成22年4月〜10月
○ 立入検査を実施した施設数:
がれき類の破砕施設(5,434施設)のうち、4,350施設
○ 石綿含有廃棄物に係る不適切事例に対し指導を行った件数:
52件

(以上)

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5501-3156)
課長:廣木 雅史(内:6871)
課長補佐:谷口 和之(内:6873)

環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
(直通:03-5501-3153)
室長:森下 哲(内:6831)
室長補佐:酒井 輝久(内:6853)

環境省水・大気環境局大気環境課
(直通:03-5521-8292)
課長:山本 光昭(内:6530)
課長補佐:手島 裕明(内:6537)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ