報道発表資料

平成22年12月24日
保健対策
この記事を印刷

「水銀に関する条約の制定に向けた政府間交渉委員会第2回会合(INC2)」の開催について(お知らせ)

 水銀に関する条約の制定に向けた議論のため、政府間交渉委員会の第2回会合が、平成23年1月24日(月)から28日(金)まで、千葉市・幕張メッセにおいて開催されます。今回の会合は、計5回予定されている交渉委員会の2回目であり、水銀に関する条約に盛り込むべき内容に関する資料を中心に議論がなされる見込みです。また、それに先立ち、1月22日(土)から関連会合が開催されます。
 なお、会議への参加は、事前に登録された政府代表、NGO、報道関係者等であり、今般、日本の報道関係者の方を対象に会議参加のための登録を受け付けます。

1.背景

 国連環境計画(UNEP)においては、平成13(2001)年より地球規模での水銀汚染に関連する活動(UNEP水銀プログラム)を開始しています。
 国際的な水銀の管理に関しては、平成21(2009)年2月に開催されたUNEP第25回管理理事会において、法的拘束力のある文書(条約)を制定すること、及びそのための政府間交渉委員会(INC)を設置して平成22(2010)年に交渉を開始し、平成25(2013)年までのとりまとめを目指すことが合意されています。本年6月には、政府間交渉委員会第1回会合がスウェーデンのストックホルムで開催され、交渉が開始されました。
 今後は、平成25(2013)年までに今回を含めあと4回、計5回のINCが開催され、議論の結果は同年に開催される第27回UNEP管理理事会に報告される予定です。我が国は、条約の採択・署名のために同年頃に開催が予定されている外交会議を招致することにより、この条約を「水俣条約」と名付けたいと提案しています。

2.政府間交渉委員会第2回会合(INC2)の概要

(1)開催場所等

・開催場所:
千葉市・幕張メッセ 国際会議場
・会議期間:
平成23年1月24日(月)〜28日(金)
・主催:
UNEP(担当はジュネーブの化学物質部)
・議長:
フェルナンド・ルグリス氏(ウルグアイ)
・使用言語:
国連公用語(英語、アラビア語、中国語、フランス語、ロシア語、スペイン語の同時通訳)(開会セレモニーのみ日英同時通訳を予定)
・その他:
本会合はペーパーレス会議を試行しており、会議の資料は電子媒体により配付されますので、参加者はPCが必要です。

(2)主な議題

水銀に関する条約の制定に向けた準備(条約に盛り込むべき内容に関する議論)

(3)会議文書等

 議題、会議文書等は以下のウェブサイトから入手可能です。
http://www.unep.org/hazardoussubstances/Mercury/Negotiations/INC2/ INC2MeetingDocuments/tabid/3484/language/en-US/Default.aspx

(4)関連会合

 22日(土)及び23日(日)に、以下の関連会合がホテルニューオータニ幕張(幕張メッセ国際会議場に隣接)で開催されます。

・22日(土):
アフリカ地域会合
・23日(日):
UNEPテクニカルブリーフィング、各地域会合(アジア・太平洋地域、JUSSCANNZ、EU、中東欧地域、アフリカ地域、中南米地域)、NGOサイドイベント

(5)出席者

 会議には、各国政府代表の他、事前に登録された国際機関、NGO、その他のオブザーバーが出席し、約130カ国から約500名の参加が見込まれています。
 我が国からは、外務省、経済産業省及び環境省(早水輝好環境安全課長ほか)から構成される政府代表団が出席します。また、開会セレモニー及びレセプションには環境省政務三役等が出席する予定です(3.参照)。

3.会場内におけるINC2関連の主なイベント

(1)開会セレモニー

・日時:
平成23年1月24日(月)9時45分〜10時45分(9時30分着席)
・場所:
幕張メッセ国際会議場 コンベンションホール(この時間のみ日英同時通訳)
・プログラム(予定):
UNEP代表挨拶、環境省代表挨拶(政務三役を予定)、水俣市長挨拶、水俣病語り部講話等

(2)環境省主催サイドイベント

・日時:
平成23年1月24日(月)14時〜15時(逐次通訳)
・場所:
幕張メッセ国際会議場 2階 201A及びB会議室
・プログラム(予定):
水俣病及び新潟水俣病語り部講話、水俣の歌と映像

(3)レセプション(立食形式)

・日時:
平成23年1月24日(月)18時30分〜20時30分(基本的に英語)
・場所:
ホテルニューオータニ幕張 宴会場2階 鶴の間
・プログラム(予定):
環境省代表挨拶(政務三役を予定)、UNEPによる資金提供国の表彰式、熊本県知事及び新潟県知事挨拶等

(4)関連展示

・日時:
平成23年1月24日(月)〜28日(金)
・場所:
幕張メッセ国際会議場 2階 ロビー
・内容:
[1]
毛髪水銀測定(24日及び25日のみ、国立水俣病総合研究センター職員による)
[2]
関係自治体のパネル展示、DVD上映、パンフレット配布等
[3]
冊子「日本の水銀対策に係る教訓と取組」(仮題)の配付(日本語版、英語版)
[4]
その他、国際機関、NGO、業界団体等による展示

(5)UNEP及び議長による記者会見

・日時:
平成23年1月24日(月)13〜14時
・場所:
幕張メッセ国際会議場 3階301会議室
・対象:
各国プレス向け。邦人記者向けに日英同時通訳あり。
※日本政府代表も同席予定。

(6)UNEPテクニカルブリーフィング

・日時:
平成23年1月23日(日)9時〜12時30分
・場所:
ホテルニューオータニ幕張 宴会場2階 鶴東の間 
・プログラム(予定):
UNEP事務局及び関係者による、[1]水銀の大気放出、[2]人力小規模金採掘、[3]水銀のライフサイクル(製品中の水銀、水銀廃棄物、水銀の保管など)等の技術的事項についてのブリーフィング。使用言語は英語。国連公用語への通訳あり。

4.取材記者登録

(1)取材記者登録に際し準備するもの

 対象は標記会議の取材及び幕張メッセ等関連会場(22日〜23日の関連会合を含む)への立ち入りが想定される関係者全員(記者、カメラマン、技術スタッフ、メッセンジャー等)です。入場用記者証の発行については、国連取材記者登録の基準に基づいて厳正に審査されます。登録は、以下の必要書類が提出され、証明が有効と判断された場合に認定されます。

1)
記者登録の記入用紙(別添の記入用紙に必要事項をご記入下さい。)
2)
出張証明書(Letter of Assignment)(特派員の方も必要です。)
3)
プレスカード(記者証/社員証)のコピー
4)
パスポート又は上記3)以外の運転免許証等の写真付き身分証明書のコピー

(2)事前記者登録手続き

 取材記者登録を御希望の方は、上記(1)の1)〜4)の全ての資料のコピー又はスキャンデータを平成23年1月11日(火)までに下記の連絡先までファックス又はE-mailでお送りください。書類に不備がある場合は受け付けられませんのでご留意願います。その上で、1月22日以降に現地の登録カウンターにおいて改めて必要な手続きを行い、入場用記者証を受け取って下さい(下記(3)参照)。

事前記者登録手続き書類送付先

 INC2国内メディア登録事務局(株式会社コングレ内・担当:野村奈美)
 Fax:03-5216-5552 Email:inc2sec-media@congre.co.jp

 なお、やむを得ない場合は、現地でも取材記者登録手続きを受け付けます。その場合には上記4種類の書類を提出して手続きを行い、入場用記者証を受け取って下さい(下記(3)参照)。ただし、この場合は、入場用記者証発行に時間を要する可能性がありますので、ご留意願います。

(3)入場用記者証

 入場用記者証は、現地(22日及び23日はホテルニューオータニ幕張、24日以降は幕張メッセ国際会議場)の登録カウンターで受け取って下さい。その際には、

2種類の写真付き証明書(パスポート、公的国内記者証、運転免許証、社員証等のうち2種類)又は、
ニューヨーク、パリ、ジュネーブ、ウィーン、またはナイロビで発行された国連の写真付き記者証

 の提示をお願いいたします。改めて写真を撮影したうえで写真入りの入場用記者証が発行されます。
 なお、取材に当たっては、必ず申込書の写し、入場用記者証、自社腕章及び記者証を携帯してご入場ください。

(4)会議の公開・非公開

 条約案文のドラフティンググループ会合が設置・開催される場合は非公開です。全体会合及びその他の少人数会合(設置・開催される場合)については、それぞれの会議において公開しないと決定される場合があります。地域会合の公開・非公開の取扱いについては地域ごとに決定されます。それ以外については公開で行われます。

(5)その他注意事項

取材記者登録は重複して行うことはできません(例:プレスと政府代表、プレスとNGO等は不可)。
入場に際しては入場用記者証の提示が必要です。荷物検査等も行われます。
TVカメラ(ムービー)を持ち込まれる場合には事前に登録をお願いします。また、設置場所などについて制限がありますので、事前にお問い合わせ下さい。
取材に当たっては、UNEP及び環境省の職員の指示に従って下さい。
スチール、ムービー関係の電源及び音声分配機はありません。
ホテルの予約等の手配が必要な場合はご自身で行って下さい。
本件会議及び関連会合に関する情報は、下記のUNEP事務局公式ウェブサイトにて閲覧可能です。
http://www.unep.org/hazardoussubstances/Mercury/Negotiations/INC2/ tabid/3468/Default.aspx
前述のとおり、会議はペーパーレス会議を試行しており、会議の資料は電子媒体により配付されますので、PCをご持参下さい。

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
代表:03-3581-3351
課長:早水 輝好(内線 6350)
課長補佐:福島 健彦(内線 6353)
課長補佐:磯辺 信治(内線 6357)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ