報道発表資料

平成22年12月21日
自然環境
この記事を印刷

シンポジウム「みんなで守り育む世界の森2011−企業とNGO/NPOのパートナーシップによる森林保全活動−」の開催について(お知らせ)

 CSRの取組の一環として森林保全活動に関心を寄せる企業が増えていますが、多くの企業にとっては、特に海外で森林保全活動を行うことは新たな挑戦となっています。このため、より効果的・効率的な活動のためには海外での森林保全活動の実績をもつNGO/NPOとの連携が有効と考えられます。このことから、企業とNGO/NPOの連携を促進することを目的とした、「みんなで守り育む世界の森2011 −企業とNGO/NPOのパートナーシップによる森林保全活動−」と題するシンポジウムを開催いたします。
 参加をご希望される方は、事前に以下の方法によりお申し込みください。

1.開催日時

2011年1月18日(火)13:30開始17:00終了(開場13:00)

2.開催場所

JICA地球ひろば 講堂
〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-2-24
(東京メトロ日比谷線 広尾駅下車3番出口徒歩3分)
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

3.プログラム

【パート1】講演会(13:30〜15:20)

基調講演:「企業とのパートナーシップによる森林保全活動―成功の秘訣」

日比 保史 氏(コンサベーション・インターナショナル日本プログラム代表)

事例紹介:「アウトドアメーカーが取り組む森林保全活動」(予定)

篠 健司 氏(パタゴニア日本支社環境担当)

【パート2】情報交換会・交流会(15:20〜17:00)

 会場内に情報の交換や交流を目的に各NGO/NPOの森林保全活動を紹介するブースを設置しております。なお、各ブースはNGO/NPOからプレゼンテーションを行っていただくことになっております。

参加NGO/NPO(五十音順、予定)

特定非営利活動法人 アジア植林友好協会、国際環境NGO FoE Japan、環境修復保全機構、コンサベーション・インターナショナル日本プログラム、ボルネオ保全トラスト、緑の地球ネットワーク ほか、計8団体

注)
プログラムの内容は予告なく変更されることがございます。あらかじめご了承ください。

4.主催

環境省、財団法人地球・人間環境フォーラム

5.参加費

無料(事前に参加登録が必要です。)

6.定員

100名程度 (先着順とし、定員に達した場合は御参加をお断りする場合もありますので、予めご了承下さい。)

7.参加登録方法

 事前にウェブサイト又は、Eメール、FAXでお申し込み下さい。

1)ウェブサイトによる登録

地球環境フォーラム内(http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/form.htm

2)EメールまたはFAXによる登録

[1]ご氏名[2]ご所属(会社名など)[3]部署名[4]電話番号、FAX番号、Eメールアドレスを以下のお問い合せ先までご連絡ください。

8.お問合せ

地球・人間環境フォーラム 森林シンポジウム係(担当:飯沼)
Eメール:gef@gef.or.jp
電話番号:03-3813-9735 / FAX番号:03-3813-9737
詳細情報:http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/2011sympo.html

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8275)
課長:星野 一昭(内:6430)
課長補佐:高柳 威晴(内:6486)
担当:長谷川 修一(内:6978)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ