本文へジャンプ
環境省報道発表資料

報道発表資料

この記事を印刷する

平成22年12月15日

広島市におけるコミュニティサイクル社会実験の実施について(お知らせ)

 環境省の平成22年度地球温暖化対策技術開発等事業(競争的資金)の採択案件により、広島市をフィールドとして、新たな認証決済システムを用いたコミュニティサイクルの社会実験を実施することになりましたのでお知らせします。

1.実施期間

平成23年2月〜約2年間(予定)

2.場所

広島市中心部

3.概要

 広島市では、「自転車都市ひろしま」を掲げ、地球環境にやさしく手軽で便利な交通手段である自転車について、利用環境を整えるなど総合的な施策を進めています。
 環境省の平成22年度地球温暖化対策技術開発等事業(競争的資金)として採択された『ダイバーシティ認証決済システム構築による自転車シェアリングサービスに関する技術開発』の一環として、広島市及び国土交通省との連携の下で広島市をフィールドとしたコミュニティサイクルの社会実験を実施し、本格導入に向けた検証を行います。

ダイバーシティ認証決済システムとは、交通系・店舗系などの多様な決済システムを結合させ利便性を高めた決済システムの事である。

4.実施主体

環境省、国土交通省、広島市

添付資料

連絡先

環境省水・大気環境局自動車環境対策課
直通:03-5521-8303
代表:03-3581-3351
課長:山本 昌宏(内線6520)
課長補佐:木村 康博(内線6526)
担当:上田 浩之(内線6527)

▲Page Top