報道発表資料

平成22年12月2日
自然環境
この記事を印刷

COP10フォローアップのためのシンポジウム「外来種とCOP10〜みんなで進める外来種対策〜」の開催について(お知らせ)

 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の主要な課題の一つであった外来種問題の現状や防除の実態、COP10での議論等最新の情報を提供するため、下記のとおりシンポジウム「外来種とCOP10〜みんなで進める外来種対策〜」を実施します。

開催日時

平成22年12月17日(金)13:00〜17:00

開催場所

国連大学エリザベス・ローズ会議場(東京都渋谷区神宮前5丁目53番70号)

開催者

主催:
環境省
共催:
国連大学サステイナビリティと平和研究所(UNU-ISP)、国立環境研究所
協力:
地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

内容

COP10の外来種に係る議論の報告
我が国の外来種対策の概要と先駆的な取組の報告
普及啓発の事例発表(外来種かみしばいの上演)

使用言語

日本語

内容の詳細は別添を御参考にして下さい。
参加希望者は12月15日(水)までに電話、FAX、電子メールのいずれかの方法で事前登録をお願いいたします。また、当日、身分証明書を国連大学2階の受付で提示する必要があります。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8344)
室長:牛場 雅己(内:6980)
室長補佐:宇賀神 知則(内:6983)
係長:大澤 隆文(内:6987)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ