報道発表資料

平成22年11月18日
自然環境
この記事を印刷

佐渡トキ保護センターから出雲市へのトキの移送について(お知らせ)

 佐渡トキ保護センターのトキ4羽を、平成22年12月2日(木)に佐渡トキ保護センターから島根県出雲市に移送することとなりましたのでお知らせします。

1.トキの分散飼育について

 トキ保護増殖事業計画に基づき、鳥インフルエンザ等の感染症による絶滅の危機の回避を主たる目的として実施する。
 また、佐渡トキ保護センターのトキの飼育・繁殖機能を補完する。

2.移送予定個体

 佐渡トキ保護センターで飼育中の2ペア、4羽(オス2羽、メス2羽)

3.移送予定日

平成22年12月
2日(木)
佐渡トキ保護センター 発
3日(金)
出雲市トキ分散飼育センター 着

4.移送後の取扱い

 移送された個体は、出雲市トキ分散飼育センターで飼育し、今後繁殖に取り組みます。

5.取材要領

 トキの移送を円滑に進めるため、下記要領に沿って取材いただきますようお願いします。

(1)
トキの安全確保とストレスの軽減を第一に考え、一刻も早く目的地まで移送する必要があることから、移送中のトキの撮影は御遠慮ください。
(2)
出雲市トキ分散飼育センター敷地内への立入(取材・撮影)を禁止します。詳しくは、出雲市農業振興課(TEL:0853-21-6582)にお問い合わせください。
(3)
佐渡トキ保護センターでの取材は、立入場所を制限します。詳しくは、佐渡トキ保護センター(TEL:0259-22-2445)にお問い合せください。

参考

(1)出雲市におけるトキ分散飼育実施に至る主な経緯等

年月事項
平成16年1月 トキ保護増殖事業計画を変更し、同計画に「飼育個体の分散」を位置づけ。
平成18年3月 トキ飼育繁殖に係る専門家による検討を開始。
平成19年3月 環境省がトキ飼育繁殖専門家会合設置。
平成20年3月 トキ分散飼育検討対象地として石川県、島根県出雲市、
新潟県長岡市を選定。
平成20年6月 トキ飼育繁殖専門家会合によるトキ分散飼育検討対象地の現地調査。
平成20年11月 トキ飼育繁殖専門家会合によるトキ分散飼育検討対象地の検討など。
平成20年12月 トキ分散飼育検討対象地の3つの自治体から、トキ分散飼育の実施の正式な申出を受け、環境省がトキ分散飼育実施地を決定。
平成22年8月 トキ飼育繁殖専門家会合による出雲市トキ分散飼育センターの視察、受け入れ体制に問題がないことを確認。

(2)その他のトキの移送予定

 佐渡トキ保護センターから出雲市への移送の他、年内に下記のとおりトキの移送を予定しています(現在のところ日程は未定です)。

佐渡トキ保護センターから多摩動物公園
平成16年生まれオス1羽、平成20年生まれオス1羽、メス1羽の計3羽
多摩動物公園から佐渡トキ保護センター
平成21年生まれオス1羽、平成22年生まれメス3羽の計4羽
いしかわ動物園から佐渡トキ保護センター
平成22年生まれオス1羽、メス3羽の計4羽
連絡先
環境省自然環境局野生生物課
直通:03−5521−8283
代表:03−3581−3351
課長:亀澤 玲治(内線6460)
補佐:堀内 洋(内線6475)
専門官:志田 麻由子(内線6464)

ページ先頭へ