報道発表資料

平成22年10月27日
地球環境
この記事を印刷

森林保全と気候変動に関する閣僚級会合(REDD+閣僚級会合)の結果について(お知らせ)

 愛知・名古屋にて10月26日(火曜日)に開催された「森林保全と気候変動に関する閣僚級会合(REDD+ 閣僚級会合)」の結果をお知らせいたします。

 本会合は、生物多様性条約第10回締約国会合の開催を期に、前原誠司外務大臣とサミュエル・テイ・アバル・パプアニューギニア外務貿易移民大臣(The Hon Samuel Tei Abal、 Minister for Foreign Affairs、Trade and Immigration)の共同議長の下、開催されたものです。

 本会合へは、REDD+パートナーシップ参加62ヶ国の閣僚及び代表団長、ならびに関連国際機関、地域機関、非政府組織(NGO)及び市民社会の代表が参加しました。日本からは近藤昭一環境副大臣が政府団代表として出席し、REDD+に関する日本の取組を紹介するとともに、REDD+の効果的実施に向けての提言及びREDD+パートナーシップの活動強化に向けた提言を行いました。

1.日時・場所

10月26日(火) 名古屋国際会議場センチュリーホール

2.概要(別紙の通り)

3.添付資料

1)
共同議長サマリー(英文/和文)
2)
近藤副大臣ステートメント(英文/和文)

(参考)REDD+ パートナーシップについて

 昨年12月のコペンハーゲン合意を踏まえ、2012年までのREDD+の取組(支援、キャパシティ・ビルディング、国家計画策定努力等)の強化に向け、国際社会の協調・連携を図るためのパートナーシップとして、本年5月の森林と気候に関するオスロ会議にて設立を合意。2010年9月末現在、パートナー国として67カ国+EU、及びオブザーバー国として1カ国が参加。我が国及びパプアニューギニアが本年12月までの期間のパートナーシップ共同議長国をつとめる。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課研究調査室
直通:03-5521-8247
代表:03-3581-3351
室長:松澤 裕(内線6730)
室長補佐:佐々木 緑(内線6731)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ