報道発表資料

平成22年9月21日
自然環境
この記事を印刷

第6回エコツーリズム大賞の決定について(お知らせ)

 環境省では、エコツーリズムを実践する地域や事業者の優れた取組を表彰する「エコツーリズム大賞」を平成17年度から実施しています。
 この度、第6回エコツーリズム大賞に応募のあった68件を対象に、審査委員による審査が行われ、合計7点の受賞が決まりましたのでお知らせします。

1.エコツーリズム大賞

 エコツーリズム大賞は、エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象に、優れた取組を表彰し、広く紹介するもので、全国のエコツーリズムに関する活動の質的・量的向上並びに、情報交換等による関係者の連帯感の醸成を図ることを目的とした表彰制度です。

2.審査委員

下村 彰男
東京大学大学院農学生命科学研究科教授(審査委員長)
長谷川 和芳
社団法人 日本旅行業協会理事・事務局長
海津 ゆりえ
特定非営利活動法人 日本エコツーリズム協会理事
佐藤 博康
松本大学総合経営学部観光ホスピタリティ学科教授

3.審査結果

応募総数68件のうち大賞1件、優秀賞2件、特別賞4件(概要は別紙のとおり。)
【大賞】
特定非営利活動法人 黒潮実感センター
【優秀賞】
有限会社 リボーン
宮津市エコツーリズム推進協議会
【特別賞】
尾瀬認定ガイド協議会
社団法人 若狭三方五湖観光協会
特定非営利活動法人 霧ケ峰基金
特定非営利活動法人 五ヶ瀬自然学校

4.表彰式等

表彰式は、平成22年9月25日(土)東京ビッグサイトレセプションホールAで開催する「平成22年度エコツーリズムフォーラム」の冒頭12時30分から行います。
平成22年度エコツーリズムフォーラムの詳細については、下記ホームページをご覧ください。
http://www.ecotourism.gr.jp/event/2010/08/20100925.html

添付資料

連絡先
環境省自然環境局総務課自然ふれあい推進室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8271)
室長:堀上 勝(内:6419)
専門官:中塚 仁司(内:6421)
担当:大野 博(内:6422)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ