報道発表資料

平成22年9月2日
大気環境
この記事を印刷

第5回アジアEST地域フォーラムの結果について(お知らせ)

 環境省は、国際連合地域開発センター(UNCRD)、タイ国天然資源環境省、国際連合アジア太平洋経済社会委員会とともに、平成22年8月23−25日に、アジアEST地域フォーラムの第5回会合をタイ国・バンコクにて開催しました。
 アジアEST地域フォーラムは、アジア地域における環境的に持続可能な交通(EST)の実現を目指して、我が国と国際連合地域開発センター(UNCRD)が共同で設立した、政府ハイレベルによる政策対話会合です。本会合の主な結果は以下のとおりです。

(1)アジア地域22カ国(アセアン10カ国、南アジア8カ国、中国、日本、韓国、モンゴル)の代表が参加し、各国政府によるEST取組状況の発表が行われ、先進事例等の共有が図られた。
(2)EST実現に向けた資金メカニズム、パートナーシップの構築の議論や鉄道開発、バス高速輸送、持続可能な物流等の具体事例の共有が行われた。
(3)これらの議論を踏まえ、アジアにおける持続可能な交通の新たな10年の指針を示した「バンコク宣言2020」が採択された。

 環境省では、国土交通省等の関係機関とも連携しながら、アジア地域を中心とした環境的に持続可能な交通(EST)の実現に、引き続き積極的に取り組んでまいります。

会議概要

■日程
平成22年8月23-25日
■場所
タイ国バンコク 会場: ロイヤル・オーキッド・シェラトン・ホテル&タワーズ
■主催
日本国環境省、国際連合地域開発センター、タイ国天然資源環境省、国際連合アジア太平洋経済社会委員会
■参加者
アジア諸国22カ国の政府高官(環境省及び交通関係省庁等)
(アセアン10カ国、南アジア8カ国、中国、韓国、モンゴル、日本)
交通と環境分野に関する学識経験者等の専門家
国際機関関係者 他 合計約200名

その他

本会合のサマリーは、現在事務局(UNCRD)で準備中。後日、UNCRDのHPに掲載予定。
本会合のプログラム及び「バンコク宣言2020」については、別添を御参照ください。
関連リンク先
環境省の環境と交通の取組
http://www.env.go.jp/air/traffic_env/index.html
国際連合地域開発センター
http://www.uncrd.or.jp/env/5th-regional-est-forum/index.htm

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局自動車環境対策課
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8303
課長:山本 昌宏(内線6520)
課長補佐:木村 康博(内線6526)
担当:石橋 健作(内線6526)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ