報道発表資料

平成22年7月27日
水・土壌
この記事を印刷

東京湾水質一斉調査について〜実施のお知らせ〜(お知らせ)

 東京湾水質一斉調査につきましては、平成22年6月29日に報道発表したところですが、その参加機関や乗船取材等について下記のとおりに確定しました。
 また、関連のイベントとして、多様な機関が環境教育・啓発活動を実施します。

1.実施日

 平成22年8月4日(水)  予備日 平成22年9月7日(火)
 なお、実施日の前後に実施される調査についても対象としています。

2.参加機関数

 130機関(別紙1参照)

3.主催

東京湾再生推進会議モニタリング分科会
九都県市首脳会議環境問題対策委員会水質改善専門部会
東京湾岸自治体環境保全会議
後援
社団法人 日本経済団体連合

4.調査地点

 海域:239地点、陸域:391地点 計630地点(別紙2参照)

5.調査項目(共通項目)

海域:
溶存酸素量(DO*1)、水温、塩分
陸域:
化学的酸素要求量(COD)、水温、流量

 このうち、DOデータの一部を使用して、当日の東京湾の底層DO分布図を、調査当日の16時頃に下記東京湾水質一斉調査のページに掲載する予定です。

*1
DOとは、海水中に溶けている酸素の量を示し、水質指標の代表的な一つです。
東京湾再生推進会議ホームページ(東京湾水質一斉調査のページ)
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TB_Renaissance/Monitoring/General_survey/index.htm

6.環境教育等のイベント

 別紙3参照

7.取材について

 乗船取材を御希望の場合は、7月30日(金)18時までに海上保安庁海洋情報部までFAX又はメールで所属、氏名、電話番号、携帯電話番号、電子メールアドレスを御連絡ください。なお、調査船に同乗という形になりますので、取材スケジュール等は調査行程に従っていただくことになります。

申込先
FAX:
03-3541-3762
電子メール:
brp@jodc.go.jp(担当:服部)
東京湾再生推進会議モニタリング分科会事務局(問い合わせ先)
 海上保安庁海洋環境保全推進室
   服部 03-3541-3814 (内線596)
 環境省水・大気環境局水環境課閉鎖性海域対策室
   小川 03-3581-3351 (内線6664)
調査データ集約担当
 国土交通省関東地方整備局港湾空港部
   遠藤 045-211-7404
九都県市首脳会議環境問題対策委員会水質改善専門部会事務局
 東京都環境局自然環境部水環境課
   平野 03-5388-3459
東京湾岸自治体環境保全会議事務局
 千葉県環境生活部水質保全課
   矢沢 043-223-3816

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局閉鎖性海域対策室
直通:03-5521-8320
代表:03-3581-3351
室長:室石 泰弘(内線6660)
補佐:橋本 浩一(内線6661)
担当:小川 尚人(内線6664)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ