報道発表資料

平成22年7月23日
地球環境
この記事を印刷

オフセット・クレジット(J−VER)制度における対象プロジェクト種類の追加について(お知らせ)

環境省では、平成20年11月に国内の温室効果ガス排出削減・吸収プロジェクトにより実現された排出削減・吸収量をカーボン・オフセット※1に用いることができるクレジットとして認証するオフセット・クレジット(J-VER)制度※2を創設しました。
本制度の対象となるプロジェクト種類を農業分野へも拡充するため、農林水産省とも連携しながら、平成20年度に同制度事務局の気候変動対策認証センターにおいて受け付けた新規方法論の提案「低タンパク配合飼料利用による豚のふん尿処理からのN2O排出抑制」について、農林水産省「農林水産業における排出量取引の国内統合市場の試行的実施等推進検討会」で議論を行い、認証基準を検討してまいりました。
今般、本制度における必要な手続きを経て、新たなプロジェクト種類として本制度に位置づけました。このほか、1種類の既存のプロジェクト種類について適格性基準等を改訂したのでお知らせします。
※1自らの温室効果ガス排出量のうち削減困難な部分を、他の場所で実現された排出削減・吸収量をもって埋め合わせる活動。
※2国内の排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いるクレジットとして認証する制度

1.今般追加されたプロジェクト種類のポジティブリスト及びその方法論の概要(資料1)

 本制度においては、対象となるプロジェクト種類を予め「ポジティブリスト」として提示し、プロジェクト登録のための適格性基準や、排出削減・吸収量の算定・モニタリングの方法を定めた「方法論」を作成しており、これまで、本制度の対象プロジェクトとして12種類が公表されていました。今般、「低タンパク配合飼料利用による豚のふん尿処理からのN2O排出抑制」プロジェクト種類が承認されたことにより、国内では初めて、農業分野におけるN2Oの排出削減量を市場流通可能なクレジット(J-VER)として認証することが可能となりました。

資料1 低タンパク配合飼料利用による豚のふん尿処理からのN2O排出抑制 概要図

 なお、最新のポジティブリスト及びその方法論は、事務局のHP(http://www.4cj.org/jver/index.html)に掲載いたします。

2.検討経過等

 今般、新たに制度の対象としたプロジェクト種類について、[1]のとおり検討を行いました。認証運営委員会及び方法論パネルの委員の構成は、[2]のとおりです。

[1] 検討経緯

 平成20年にオフセット・クレジット制度運営事務局(気候変動対策認証センター)で提案を受けて、平成21年4月より8月まで農林水産省「農林水産業における排出量取引の国内統合市場の試行的実施等推進検討会」において、適格性基準及び方法論の検討を行った。その結果をうけ同年10月より、オフセット・クレジット(J-VER)認証運営委員会方法論パネルにおいて審議を重ね、パブリックコメントを経て承認された。 

[2] オフセット・クレジット(J-VER)認証運営委員会及び方法論パネルの委員名簿

○オフセット・クレジット認証運営委員会(敬称略、50音順)

今井 伸治 社団法人日本有機資源協会 専務理事
工藤 拓毅 財団法人日本エネルギー経済研究所 地球環境ユニット総括 研究主幹
小林 悦夫 財団法人ひょうご環境創造協会 顧問
小林 紀之 日本大学大学院法務研究科 教授
龍原 哲 東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授
平石 尹彦
(座長)
財団法人地球環境戦略研究機関 理事・上級コンサルタント
水野 勇史 財団法人地球環境戦略研究機関 市場メカニズムグループ・ディレクター
武川 丈志 森・濱田松本法律事務所 弁護士

○方法論パネル(敬称略、50音順)

田上 貴彦 財団法人日本エネルギー経済研究所 地球環境ユニット地球温暖化政策グループ 主任研究員
仲尾 強 イー・アール・エム日本株式会社 ECCプリンシパルコンサルタント
橋本 賢 株式会社三菱総合研究所
環境・エネルギー研究本部地球温暖化戦略研究グループ 主任研究員
水野 勇史(座長) 財団法人地球環境戦略研究機関 市場メカニズムグループ・ディレクター
山田 和人  パシフィックコンサルタンツ株式会社 環境・エネルギー技術本部地球環境研究所所長
吉高 まり 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
クリーン・エネルギー・ファイナンス委員会 CDM/JI主任研究員

3.今般一部修正された方法論(資料2)

 既存の方法論のうち、「廃食用油由来のバイオディーゼル燃料の車両等における利用」について、一部修正をしました。

4.その他関連情報

 オフセット・クレジット(J-VER)制度については、下記の環境省HP及び事務局HPを御覧ください。

・環境省
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset.html
・気候変動対策認証センター
http://www.4cj.org/jver/index.htm

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
直通:03-5521-8354
代表:03-3581-3351
室長:戸田 英作(6737)
室長補佐:塚本 愛子(6785)
担当:新中、西村(6041)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ