報道発表資料

平成22年7月15日
地球環境
この記事を印刷

第19回地球温暖化アジア太平洋地域セミナーの開催について(お知らせ)

環境省は、豪州気候変動省エネルギー省、海外環境協力センター(OECC)との共催により、7月20日(火)から7月22日(木)まで、北九州市において「第19回地球温暖化アジア太平洋地域セミナー」を開催します。
今回のセミナーには、アジア太平洋地域の約15カ国及び国際機関等から約50名の気候変動や開発計画担当の行政官や専門家が参加し、[1]測定・報告・検証(MRV)可能な排出削減対策、[2]科学的知見に基づく適応対策について議論を行うこととしています。
環境省からは、竹本地球環境審議官他が参加します。

1.日時

 平成22年7月20日(火)〜22日(木)

2.主催

 環境省、豪州気候変動・省エネルギー省、海外環境協力センター(OECC)

3.開催場所

 北九州市小倉北区 リーガロイヤルホテル小倉

4.参加者

 アジア太平洋地域諸国(約15ヵ国)及び国際機関等の気候変動分野の担当官

5.議題

(1)
測定・報告・検証(MRV)
[1]
国別報告書と温室効果ガス排出インベントリ
[2]
MRV可能な排出削減対策
[3]
MRVのキャパシティ・ビルディング
(2)
科学的・技術的な知見に基づく気候変動に対する適応対策

6.言語

 英語

7.取材

 オープニングセッション(7月20日10時から11時まで)のみ、取材可能です。取材及びカメラ撮りを希望される報道関係者の皆様は、7月16日(金)17時までに、地球環境局国際対策室 長谷川または森までお知らせください。

連絡先
環境省地球環境局(旧)国際対策室
tel:03-5521-8330(直)
国際対策室長:関谷 毅史(6772)
補佐:相澤 寛史(6773)
補佐:長谷川 敬洋(6789)

ページ先頭へ