報道発表資料

平成22年7月16日
自然環境
この記事を印刷

平成22年度「自然に親しむ運動」について(お知らせ)

 環境省では、毎年7月21日から8月20日を「自然に親しむ運動」期間とし、都道府県、市町村等と協力して、全国の自然公園、景勝地、休養地及び身近な自然地域において、自然に親しむための各種行事を実施しています。  この運動は、自然に親しむことを通じ、自然に対する理解を深め、自然環境の適正利用の普及を推進するとともに、自然を大切にする心をはぐくむことを目的としたものです。  また、「自然に親しむ運動」の開始に併せ、国立公園のビジターセンター等全国84箇所の施設を巡る「全国自然いきものめぐりスタンプラリー」を開始し、野外に出て自然とふれあう機会を多く持ち、体験しながら生物多様性の大切さを学び、理解を深めていただく取組を行います。

自然に親しむ運動の概要

1.期間

 平成22年7月21日(水)から22年8月20日(金)まで

2.主唱

 環境省

3.実施主体

 環境省、都道府県、市町村等

4.実施内容

 平成22年度自然に親しむ運動実施要綱に基づき、自然環境の適正利用の普及等を図るため、自然に親しむための野外活動等の諸行事を実施します。環境省(地方環境事務所及び国民公園管理事務所)の主催・共催行事は、別紙1のとおりです。また、地方公共団体関係分も含め、予定されている行事の詳しい内容については、環境省が運営している自然大好きクラブのウェブサイト(http://www.env.go.jp/nature/nats/index.html)で御覧いただけます。

全国自然いきものめぐりスタンプラリーについて

1.期間

 平成22年7月21日(水)から平成25年3月31日(日)終了予定

2.実施主体

 環境省、全国自然いきものめぐりスタンプラリー実行委員会

3.実施内容

 国立公園のビジターセンター等84箇所の施設に、各地を代表する生きものをデザインしたスタンプを設置し、施設を巡るスタンプラリーを実施します。施設の展示鑑賞や自然体験プログラムへの参加を通して、国民一人ひとりに生物多様性の大切さを実感していただくことを目的としています。なお、本事業は、「国際生物多様性年国内委員会」の「地球生きものプロジェクト」として実施します。実施概要は別紙2を御参照ください。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局総務課自然ふれあい推進室
直通:03-5521-8271
代表:03-3581-3351
室長 堀上  勝(6419)
専門官 中塚 仁司(6421)
担当 雨宮 良次(6424)
    岡部 佳容(6418)

関連情報

関連Webページ

過去の報道発表資料

平成21年7月17日
平成21年度「自然に親しむ運動」について(お知らせ)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ