報道発表資料

平成22年7月6日
地球環境
この記事を印刷

オランダ環境評価庁によるIPCC第4次評価報告書第2作業部会報告書の地域ごとの影響を評価する章に関するレビュー結果公表について(お知らせ)

オランダ環境評価庁によるIPCC第4次評価報告書第2作業部会報告書の地域ごとの影響を評価する章に関するレビュー結果公表について(お知らせ)

 オランダ環境評価庁(PBL)は5日、IPCC第4次評価報告書第2作業部会報告書の9〜16章(地域毎の影響を評価する章)の主要な結論に関するレビュー結果を公表しました。
 本レビューは同報告書において、ヒマラヤ氷河消失やオランダにおける海面上昇の影響についての記載に誤りがあったことから、2010年1月にオランダ環境大臣の要請を受け、PBLにおいて実施したものであり、オランダ王立芸術科学アカデミーの監督のもとで行われました。
 本レビューにおいて、PBLは、いくつかの小さな誤りが見つかったものの「IPCC報告書の主要な結論に影響を及ぼす誤りはなかった」としています。

添付資料

オランダ環境評価庁によるレビュー結果公表に関するIPCC声明(環境省仮訳)
オランダ環境評価庁によるレビュー結果プレスリリース(原文)

参考

オランダ環境評価庁によるレビュー結果 (オランダ環境庁ホームページ)
(プレスリリース及びレビュー報告書)
http://www.pbl.nl/en/publications/2010/Assessing-an-IPCC-assessment.-An-analysis-of-statements-on-projected-regional-impacts-in-the-2007-report.html
オランダ環境評価庁によるレビュー結果公表に関するIPCC声明(環境省ホームページ)
http://www.env.go.jp/earth/ipcc/ipcc_statement/20100705.pdf

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課研究調査室
代表:03-3581-3351
室長:松澤 裕(内線6730)
補佐:清野 達男(内線6731)
係長:河里 太郎(内線6735)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ