報道発表資料

平成22年6月22日
総合政策
この記事を印刷

平成22年度環境経済の政策研究に係る研究課題の募集について(お知らせ)

 環境省では、環境と経済がともに向上・発展する社会をつくるために、環境保全の取組が経済をどのように発展させていくのか、経済動向が環境にどのような影響を与えるのか等について調査分析し、環境と共生できる新しい経済社会に向けた将来像の提示や環境政策の戦略的な実施につなげるための研究を平成21年度より実施しているが、今般新たに2研究課題を募集する(募集期間:平成22年6月23日(水)〜7月13日(火)、研究期間:平成22〜23年度の2ヶ年)。

1.環境経済の政策研究の趣旨

 近年、先進国の経済活動に加え、開発途上国の急速な経済発展により環境負荷が増大し、将来的に影響の深刻化が予測されている。また、環境問題と資源・エネルギーがより密接に関係するようになり、国際的な資源・エネルギー価格の変動などグローバルな経済との関係を踏まえた環境への対応が必要となっている。一方、世界的な不況の中で、環境技術の開発・普及や環境分野での投資が、経済発展の牽引力として強い期待を持たれている。
 このような状況を踏まえ、環境と経済がともに向上・発展する社会をつくる上では、環境への対応が経済社会にイノベーションをもたらすことを通じて、中長期的に産業構造、経済活動の在り方を大きくかつ積極的に変革していくことが望まれている。
 こうした問題意識のもと、環境省では、平成21年度より、環境保全の取組が経済をどのように発展させていくのか、経済動向が環境にどのような影響を与えるのか等について調査分析し、環境と共生できる新しい経済社会に向けた将来像の提示や環境政策の戦略的な実施につなげていく研究事業を実施している。本研究では、環境省が、行政課題を踏まえ政策研究を行うべき研究分野を設定し、公募選定を行い、選定された研究者と行政担当者との緊密な連携により研究を進めており、現時点で3研究分野※計13課題について研究が進行しているところである。

研究分野名

【研究分野1】
環境政策と経済との地球規模での相互作用の研究
【研究分野2】
環境保全と雇用等の企業の発展に関する研究
【研究分野3】
効果的な環境政策形成に関する研究

2.研究課題の追加募集

 別添資料「平成22年度環境経済の政策研究−公募分野の方針−」に記載した公募分野ごとに研究課題を募集する。公募要項については、6月23日(水)より、株式会社三菱総合研究所のホームページ(http://www.mri.co.jp/psee)に掲載する。

3.募集期間

 平成22年6月23日(水)〜7月13日(火)12時

4.募集窓口(事業請負先)

株式会社三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部 環境経済の政策研究事務局
TEL:03-3277-0793(受付時間 10:00〜17:00)
電子メールアドレス:psee@mri.co.jp

5.募集詳細(公募要項及び応募様式)

 株式会社三菱総合研究所のホームページ(http://www.mri.co.jp/psee)(6月23日(水)公開)を御参照されたい。

6.別添資料

 平成22年度環境経済の政策研究−公募分野の方針−

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境計画課環境経済政策調査室
直通:03-5521-9265
代表:03-3581-3351
室長:川上 毅(内線6227)
補佐:宮永 径(内線6265)
    井上和也(内線6274)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ