報道発表資料

平成22年6月11日
水・土壌
この記事を印刷

農用地の土壌の汚染防止等に関する法律施行令の一部を改正する政令の閣議決定について(お知らせ)

 「農用地の土壌の汚染防止等に関する法律施行令の一部を改正する政令」が、6月11日(金)に閣議決定されましたので、お知らせいたします。
 この政令は、カドミウムに係る農用地土壌汚染対策地域の指定要件の改正を行うものです。

1.改正の趣旨

 人の健康を損なうおそれがあるカドミウムを含む米の生産を防止するため、カドミウムに係る農用地土壌汚染対策地域の指定要件の改正を行うものです。

2.改正の内容

 令第2条第1項に定められている指定要件を以下のとおり改正するものです。

(1)
第2条第1項第1号関係
その地域内の農用地において生産される米に含まれるカドミウムの量が米1 kgにつき0.4 mgを超えると認められる地域であること。
(2)
第2条第1項第2号関係
(1)の地域の近傍の地域のうち(1)の地域と同程度以上に土壌にカドミウムを含有し、かつ、おおむね同一の土性を有する地域であって、その地域内の農用地において生産される米に含まれるカドミウムの量及び(1)の地域との距離その他の立地条件からみて、当該農用地において生産される米に含まれるカドミウムの量が米1 kgにつき0.4 mgを超えるおそれが著しいと認められるものであること。

3.施行期日

 公布の日から施行します。

4.意見募集(パブリックコメント)の実施結果

 本年4月2日から5月1日までの間、中央環境審議会土壌農薬部会において取りまとめた「カドミウムに係る土壌環境基準(農用地)及び農用地土壌汚染対策地域の指定要件等の見直しについて(案)」に対する意見募集を行った結果、54件の御意見を頂きましたので、御意見の概要及びそれに対する考え方を以下の環境省ホームページにおいて公表しております。

「カドミウムに係る土壌環境基準(農用地)及び農用地土壌汚染対策地域の指定要件等の見直しについて(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)の結果について(お知らせ)

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局土壌環境課
直通:03-5521-8322
代表:03-3581-3351
課長:笠井 俊彦(内線 6650)
補佐:紺野 道昭(内線 6649)
担当:久保 賢太郎(内線 6654)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ