報道発表資料

平成22年6月11日
地球環境
この記事を印刷

気候変動適応の方向性に関する検討会(第2回)の開催について(お知らせ)

 環境省においては、我が国における気候変動適応に対する意識向上を図るとともに、適応に関する基本的な考え方を提示し、関係府省や地方公共団体における適応策の検討・実施を支援することを目的として、「気候変動適応の方向性に関する検討会」を設置し、検討を進めています。今般、第2回検討会を6月24日(木)に開催いたしますので、お知らせします。

 環境省は、関係府省の協力のもと、我が国における気候変動適応に対する意識向上を図るとともに、各分野に共通し、分野間の整合性を図ることが望ましい基本的な方向性、適応策の検討・実施に係る基本的事項等を提示することにより、関係府省や地方公共団体における適応策の検討・実施を支援することとしています。

 この検討に当たり、専門的・技術的な指導・助言を得るため、有識者からなる「気候変動適応の方向性に関する検討会」(別紙1参照)を設置し、検討を進めています。今般、第2回検討会を下記のとおり開催します。

 本検討会は秋頃までに計4回程度開催し、その成果として、適応に関する基本的な考え方や当面の方向性を取りまとめる予定です。

1.日時

 平成22年6月24日(木) 10:30〜12:30

2.場所

 中央合同庁舎第7号館西館13階 金融庁共用第1特別会議室
 〒 100-8967 東京都千代田区霞が関3−2−1
 http://www.fsa.go.jp/common/about/syozaiti/index.html

3.議題(予定)

(1)
気候変動適応の方向性骨子(案)について
(2)
その他

4.傍聴

 本会は公開です。
 傍聴を希望される方は、別紙2のとおり、事前にお申し込みをお願いいたします。お申し込み締め切りは平成22年6月18日(金)正午必着とさせていただきます。
 なお、マスコミ関係の方は、別紙2のとおり取材登録をお願いいたします。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課研究調査室
代表:03-3581-3351
室長:小野 洋(内線6730)
補佐:清野 達男(内線6731)
係長:河里 太郎(内線6735)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ