報道発表資料

平成22年5月28日
地球環境
この記事を印刷

クールビズの推進について〜日本百貨店協会とチャレンジ25キャンペーンとの連携〜(お知らせ)

 チャレンジ25キャンペーンのチャレンジャーである日本百貨店協会では、地球温暖化防止に資するため、日本百貨店協会の全会員(92社251店舗)において、6月1日〜9月30日の期間、冷房温度緩和の取組を実施することとしています。実施期間中は、チャレンジ25キャンペーン応援団キャプテンである加山雄三さんが、冷房温度緩和によるCO2削減及び地球温暖化防止への理解を来店される方々に店内放送で呼び掛けを行います。

日本百貨店協会による冷房温度緩和の実施概要

【実施店】
日本百貨店協会の全会員店92社251店舗
【実施期間】
6月1日(火)〜9月30日(木)
【実施方法】
安全衛生や商品特性に配慮しつつ、冷房温度を弱めに設定(目安2℃緩和)する。
詳細については、別添資料をご参照ください。

クールビズの推進

環境省では、地球温暖化対策の一つとして、6月1日より9月30日までの間、冷房時の室温を28℃にしても、快適に過ごすことのできるライフスタイル「COOL BIZ」を推進しています。
今年は「夏のカイテキ、楽しくつくろう」をテーマに、暑い夏を楽しく乗り切るため、ワークスタイルやファッションなどにおける様々な工夫の実践で、快適に涼しく過ごす「クールビズ」をあらゆるライフシーンにおいて推進していきます。

詳しくはチャレンジ25キャンペーンHPを御覧下さい。
http://www.challenge25.go.jp/practice/coolbiz/coolbiz2010/

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8341)
室長:植田 明浩(内:6725)
担当:松本 行央(内:6793)

関連情報

関連Webページ

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ