報道発表資料

平成22年5月25日
自然環境
この記事を印刷

生物多様性民間参画パートナーシップへの参加者の募集について(お知らせ)

 経団連自然保護協議会、日本商工会議所及び経済同友会では、生物多様性の保全及び持続可能な利用等、生物多様性条約の実施に対する民間の参画を推進するため、経済界を中心とした自発的な取組みとして、「生物多様性民間参画イニシアティブ」を、本年10月に愛知県名古屋市で開催される生物多様性条約第10回締約国会議の機会に立ち上げることになりました。
 これに先立ち、イニシアティブの活動の主体となる「生物多様性民間参画パートナーシップ」への参加の呼びかけを開始します。

1.背景

 近年の生物多様性条約の議論においては、生物多様性条約の目的達成について、民間部門の参画の重要性が強調されています。生物多様性条約第9回締約国会議(COP9)で提唱された「ビジネスと生物多様性イニシアティブ(通称:B&Bイニシアティブ)」では、主として大規模な事業を行う企業等の参加を得て、この分野における先駆的取組みとして評価されました。  こうした活動をさらに推進していくためには、幅広い業種における様々な規模の事業者の参画を促し、その裾野を拡大していくことが重要です。

2.「生物多様性民間参画イニシアティブ」の立ち上げについて

 このような状況を踏まえ、経団連自然保護協議会、日本商工会議所及び経済同友会では、国際自然保護連合(IUCN)日本プロジェクトオフィス、環境省、農林水産省及び経済産業省と協力し、生物多様性の保全及び持続可能な利用等、条約の実施に対する民間参画を推進するプログラムである「生物多様性民間参画イニシアティブ」を、経済界を中心とした自発的なプログラムとして、B&Bイニシアティブの趣旨を受け継ぎ、本年10月に愛知県名古屋市で開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の機会に立ち上げることになりました。
 本イニシアティブでは、ビジネス界における生物多様性の主流化を図るべく、中小企業や一次産業を含む幅広い事業者の参加と生物多様性に関する日本の先進的取組等の海外への発信を目指します。

3.「生物多様性民間参画パートナーシップ」への参加者の募集について

 これに先立ち、イニシアティブの活動の主体となる「生物多様性民間参画パートナーシップ」を設立することとし、本パートナーシップへの参加の呼びかけを開始します。

4.募集要領について

 募集要領に関する詳細は、添付資料1を御参照ください。また、参加方法等については、下記の問い合わせ先まで御連絡ください。

5.問い合わせ先

 生物多様性民間参画パートナーシップ事務局(経団連自然保護協議会内)
 〒100-8188 東京都千代田区大手町1-3-2
 電話:03-6741-0981(代表) FAX:03-6741-0982 メール:kncf@keidanren.or.jp

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室
直通:03-5521-8275
代表:03-3581-3351
室長:鳥居 敏男(内線 6480)
室長補佐:高橋 一彰(内線 6488)
担当:吉野 元(内線 6478)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ