報道発表資料

平成22年4月27日
自然環境
この記事を印刷

サンゴ礁生態系保全行動計画の策定について(お知らせ)

 環境省では、我が国におけるサンゴ礁生態系の保全に向け「サンゴ礁生態系保全行動計画」を策定しましたので、お知らせします。

1.趣旨

 生物の多様性が豊かなサンゴ礁生態系は、近年、陸域からの汚染や水温上昇による白化現象などによって、危機的な状況にあります。我が国では、これまでも関係府省や地方公共団体、専門家、NGOなどがそれぞれの立場からサンゴ礁生態系の保全に関わる取組を行ってきましたが、サンゴが生息する地域全体を視野に入れた総合的な計画はありませんでした。
 このため、環境省では、サンゴ礁生態系の保全及び持続可能な利用を促進し、地域社会の持続的な発展を図ることを目的として、サンゴ礁生態系保全行動計画を別添1のとおり策定しました。
 本行動計画の作成にあたっては、平成20年度から平成21年度にかけて、専門家や関係省庁、関係都県及び学会の協力と参加を得、策定会議や分科会を開催して検討を行いました。

2.概要(別添2)

 本行動計画では、サンゴ礁生態系の保全の基本的方針とともに、今後5年を目処に取り組むべき具体的な行動を示すもので、関係する主体はそれぞれの立場からこの行動計画の推進を図ります。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
直通:03-5521-8274
代表:03-3581-3351
課長:星野 一昭 (内線6430)
課長補佐:奥山 正樹 (内線6435)
専門官:荒牧 まりさ(内線6432)
主査:滝澤 玲子(内線6432)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ