報道発表資料

平成22年3月30日
大気環境
この記事を印刷

「環境対応車普及戦略」について(お知らせ)

 環境省では、環境対応車に関する今後の市場動向、技術開発の動向を踏まえ、普及目標及び普及拡大に向けた取り組み方針について、環境対応車普及方策検討会にて別添のとおり「環境対応車普及戦略」として取りまとめました。

(1)概要

 運輸部門は、我が国のCO2排出量の約2割を占め、基準年と比べると8.5%増加しています。運輸部門のCO2排出量の内、約9割は自動車から排出されるものであり、低炭素社会の構築に向けて温室効果ガス排出量を削減するためには、自動車に関する対策は必要不可欠です。
 この度、環境対応車普及方策検討会(「次世代自動車普及戦略検討会」より名称変更。)では、環境対応車の普及目標、これを進めるための各種の措置(規制、支援等)、その実施のロードマップ等について「環境対応車普及戦略」として取りまとめました。

(2)検討会名簿

 別添1のとおり

(3)報告書概要

 別添2のとおり

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局自動車環境対策課
直通:03−5521−8303
代表:03−5521−3351
課長:内藤 克彦(6520)
主査:須田 恵理子(6563)
担当:小田上 孝行(6528)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ