報道発表資料

平成22年3月18日
大気環境
この記事を印刷

特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律施行規則等の一部を改正する案に対する意見募集(パブリックコメント)の結果について(お知らせ)

 平成20年1月の中央環境審議会答申「今後の自動車排出ガス低減対策のあり方について(第9次答申)」において、ディーゼル特殊自動車の排出ガス基準の強化等の必要性について示されたことから、特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律施行規則の一部改正案等について、広く国民の皆様から御意見を事前にお聴きするため、平成21年9月10日(木)から10月9日(金)までの間、御意見の募集(パブリックコメント)を実施いたしました。
 頂いた御意見の概要及びそれらに対する考え方の取りまとめ結果を公表いたします。

1.意見募集の概要

 平成20年1月の中央環境審議会答申「今後の自動車排出ガス低減対策のあり方について(第9次答申)」において、ディーゼル特殊自動車の排出ガス基準の強化等の必要性について示されたことから、同答申に基づく措置その他所要の措置を講ずるため、特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律施行規則の一部を改正する案等について、以下のとおりパブリックコメントを実施しました。

○募集期間:
平成21年9月10日(木)〜平成21年10月9日(金)
○告知方法:
電子政府の窓口(e-GOV)及び環境省ホームページ
○意見提出方法:
電子メール、FAX、郵送のいずれか

2.御意見の件数

改正案の内容についての御意見
0件
その他の御意見
2件(個人1件、企業1件)

3.御意見に対する対応

頂いた御意見に対する環境省等の考え方は、以下のとおりです。

番号 御意見の対象となる箇所 御意見の概要 御意見に対する考え方
その他 今回の規制強化によって、予想される製品価格の上昇について、規制適合車への代替えが円滑に進むような助成等の措置を国として考えているのか。(特に農業機械) 本案の内容とは直接関係しないと思われますが、今後の参考にさせていただきます。
その他 改正に賛成であり、さらに以下を提言する。
[1]
使用過程車への規制拡大
[2]
オフロード車への車検制度と検査制度の導入
[3]
中古オフロード車の海外輸出時の環境基準規制導入
本案の内容とは直接関係しないと思われますが、今後の参考にさせていただきます。

※過去の報道発表資料

2009.09.10
特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律施行規則等の一部を改正する案に対する意見の募集について(お知らせ)
連絡先
環境省水・大気環境局自動車環境対策課
直通:03−5521−8301
代表:03−3581−3351
課長:内藤 克彦(内線 6520)
補佐:木下 豪(内線 6525)
担当:横山 英也(内線 6525)

ページ先頭へ