報道発表資料

平成22年3月11日
地球環境
この記事を印刷

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)報告書作成プロセス及び手続のレビューの実施に関する国連・IPCC報道発表について(お知らせ)

 国連及び気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、3月10日付で、IPCC報告書作成プロセス及び手続の独立したレビューをインターアカデミーカウンシル(InterAcademy Council:IAC)に要請した旨の報道発表を行いました。IACは本年8月31日までにレビュー結果を取りまとめ、その内容は10月11〜14日に開催されるIPCC第32回総会において議論され、2013〜2014年に公表予定の第5次評価報告書の作成に反映される予定です。  環境省では、報道発表及び独立レビューに係る任務の和訳(仮訳)を行い、環境省ホームページにて公表しておりますので、お知らせします。

 平成22年3月10日付国連・IPCC報道発表及び独立レビューに係る任務の和訳(仮訳)については、添付を参照ください。

IPCCによる声明等の和訳(仮訳)は、環境省ホームページにて公表しています。
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/knowledge.html
http://www.env.go.jp/earth/ipcc/4th_rep.html

【レビューの概要】

レビュー内容には以下の項目が含まれる。
データの品質保証とデータの品質管理
特に非査読文献の利用に留意したIPCC評価報告書に含めるのに適切な文献の種類に関するガイドライン
IPCC資料の専門家及び政府レビューの手続
全ての範囲の科学的見解の取扱
報告書の承認・採択・受諾後に発見された誤りを訂正する手続
IPCC内部の管理・運営機能を含むIPCCのプロセス全体、及びUNEP、WMO、国連システムとその他の関係者の役割を、評価作業の効率性を強化・改善し、IPCC手続の整合的な適用を効果的に確保するという視点から分析する。
一般に対し、IPCC成果の継続的な情報提供を確実にするための、適切な情報伝達戦略とメディアとIPCCの交流を分析する。
レビュー結果についての報告書には以下の事項が含まれる。
報告書作成及び報告書の知見の品質確保手段に係る方法論
IPCC手続を訂正するための勧告
IPCCのプロセス及び組織・管理機能の強化に関する勧告
その他関連する勧告
勧告を実行するための計画の骨子

【インターアカデミーカウンシル(IAC)について】

 国連や世界銀行等の国際機関の政策決定にあたって、世界中の科学アカデミーが協力して助言を行う枠組で、2000年5月に設立。事務局はオランダ王立科学アカデミー(アムステルダム)に設置されている。
 IAC理事会は、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、日本、南アフリカ、トルコ、英国、米国を代表するアカデミー及び同等の組織の長などにより構成される。日本からは日本学術会議が参画している。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課研究調査室
代表:03-3581-3351
室長:小野 洋(内線6730)
室長補佐:清野 達男(内線6731)
係長:橋本 徹(内線6735)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ