報道発表資料

平成22年2月16日
地球環境
この記事を印刷

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)による観測データの解析結果(二酸化炭素・メタン濃度等)の一般提供開始について(お知らせ)

 環境省、(独)国立環境研究所及び(独)宇宙航空研究開発機構は、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT(ゴーサット)、平成21年1月23日打上げ)プロジェクトを推進していますが、今般「いぶき」による観測データの解析結果(二酸化炭素・メタン濃度等)について初期検証作業が完了したのに伴い、当該データの一般提供を開始します。

 温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)による晴天域の観測データより解析された、大気中の二酸化炭素とメタン濃度について、初期検証作業が完了したことに伴い、全球にわたる当該データ及び雲被覆情報の一般提供を平成22年2月18日より開始します。  今後は、さらに解析結果のデータ質の向上等を進めるとともに、平成23年上半期を目処に、月別・地域別の二酸化炭素吸収排出量(収支)の一般提供を開始する予定です。

提供方法

 (独)国立環境研究所のいぶきデータ提供に関するホームページ(http://data.gosat.nies.go.jp/)よりユーザ登録を行えば、希望する地点、日時の解析結果(データ)をダウンロードできます。  また、解析された二酸化炭素・メタン濃度データを図示した結果を同ホームページで閲覧することができます。

本件問い合わせ先

(「いぶき」衛星、搭載センサ及び観測状況について)
(独)宇宙航空研究開発機構 宇宙利用ミッション本部 地球観測研究センター
電話:050-3362-3064

(搭載センサデータ及びその解析結果について)
(独)国立環境研究所 地球環境研究センター GOSATプロジェクトオフィス
電話:029-850-2966

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課研究調査室
代表:03-3581-3351
室長:小野 洋(内線6730)
補佐:清野 達男(内線6731)
係長:橋本 徹(内線6735)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ