報道発表資料

平成22年2月9日
地球環境
この記事を印刷

オフセット・クレジット(J-VER)制度に係る申請書作成支援事業者の採択について(第1次)(お知らせ)

環境省では、平成20年11月、国内のプロジェクトにより実現された温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するオフセット・クレジット(J-VER)制度を創設しました。
本制度の効率的な活用を促すため、平成21年度第1次補正予算により、温室効果ガス排出削減・吸収活動を行う事業者への申請書作成支援を行うこととし、1月21日より支援を希望する事業者を募集しています。
今般、2月3日までに応募のあった案件のうち、3件を採択しましたのでお知らせします。なお、本募集は、2月26日(金)まで継続しています。

1.支援内容

(1)申請書作成支援
 オフセット・クレジット(J-VER)制度を活用して温室効果ガス排出削減・吸収プロジェクトの申請を行おうとする事業者を対象に、申請書・モニタリングプラン作成にあたっての指導、プロジェクトの有効化審査(バリデーション)時問い合わせへの対応、オフセット・クレジット(J-VER)の買い手情報の提供を行います。
 本事業では、原則として3月末までに申請予定の事業者を対象として、20事業者程度を採択いたします。採択にあたっては、オフセット・クレジット(J-VER)制度への申請意思、オフセット・クレジット(J-VER)制度ポジティブリスト(パブリックコメント中のものを含む)との適合性、事業の実現可能性、申請内容の対外的アピール性などを総合的に勘案いたします。

2.採択結果について

[1]申請書作成支援の対象となったプロジェクトは以下のとおりです。

(プロジェクト種類ごとの50音順)

プロジェクト代表事業者プロジェクト実施場所プロジェクト種類
岩手県 岩手県盛岡市、
陸前高田市
森林経営活動によるCO2吸収量の増大 (間伐促進型プロジェクト)
大館北秋田森林組合 秋田県北秋田市
キンキ寝具株式会社 大阪府大阪市 低温排熱の回収・利用

3.スケジュール

(1)募集期間と採択結果の公表

 2月26日(金)まで、引き続き、事業者を募集しております。ご応募いただいた中から17者程度を採択し、3月上旬に公表いたします。本事業の御希望の方は、下記に掲載されている支援機関にご相談下さい。プロジェクト種類ごとに支援機関が異なりますので、ご確認いただき、ご連絡の上ご応募下さい。

[1]
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
担当:木質バイオマスプロジェクト以外の排出削減プロジェクトに関する問い合わせ・支援
森林管理プロジェクトに関する問い合わせ・支援
担当部署:環境・エネルギー部(担当:竹田、邉見、小沼)
TEL:03-6711-1243 E-mail:offset@murc.jp
[2]
株式会社三菱総合研究所
担当:木質バイオマスプロジェクトに関する問い合わせ・支援
担当部署:環境・エネルギー研究本部地球温暖化戦略研究グルーフ°(担当:奥村、真野)
TEL:03-3277-5735  E-mail:jver@mri.co.jp
[3]
社団法人海外環境協力センター
担当:オフセット・クレジット(J-VER)制度利用に関する問い合わせ 担当部署:業務部(担当:小野、針生)
TEL:03-5472-0144  E-mail:offset@oecc.or.jp

 なお、一部の採択事業者には、J-VER制度における有効化審査(バリデーション)の効率化のための取組に御協力いただく場合がございますので予めご承知おきください。

参考

 J-VER制度の詳細については、下記の環境省HP及び気候変動対策認証センター(事務局:社団法人海外環境協力センター)HPを御覧ください。

・環境省
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset.html
・気候変動対策認証センター
http://www.4cj.org/index.html
連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
直通:03-5521-8354
代表:03-3581-3351
室長:戸田 英作(6737)
室長補佐:塚本 愛子(6785)
係長:泉 勇気(6041)
担当:新中、西村(6041)

ページ先頭へ