報道発表資料

平成22年2月9日
地球環境
この記事を印刷

平成19年度自主参加型国内排出量取引制度(JVETS)第3期評価報告書の公表について(お知らせ)

 環境省では、平成17年度より実施している自主参加型国内排出量取引制度(JVETS)の第3期(平成19年度採択・平成20年度目標)が昨年夏に終了したことを受け、有識者からなる委員会を開催し、本制度の第3期事業を評価、分析していただきました。今般、評価報告書をとりまとめましたので公表いたします。

1.自主参加型国内排出量取引制度評価委員会について

(1)
背景
環境省では、平成17年度から、自主参加型国内排出量取引制度(以下JVETSという)を実施しており、平成21年8月をもって第3期事業(平成19年度採択・平成20年度目標)が終了。
第3期事業の成果について客観的に評価し、今後の制度設計・改善に繋げていくために、環境省では本分野への知見、経験を有した有識者からなる「平成19年度自主参加型国内排出量取引制度(JVETS)第3期評価委員会」を設置し、同委員会において本事業の成果に対する評価を実施。本報告書はその評価を取りまとめたもの。
(2)
委員(50音順・敬称略)
植田和弘(京都大学大学院 経済学研究科教授)※委員長
大塚直(早稲田大学大学院 法務研究科教授)
藤井良広(上智大学大学院 地球環境学研究科教授)
三田真己(アーガス・メディア・リミテッド 日本支局代表)
村井秀樹(日本大学 商学部教授)
諸富徹(京都大学公共政策大学院・大学院 経済学研究科准教授)

2.評価報告書の構成

第1章
JVETSの概要
第2章
JVETS第3期の結果
第3章
キャップ・アンド・トレード方式による国内排出量取引制度の制度設計の観点から見たJVETSの評価
第4章
今後のJVETSの運用方針についての提言
詳細は別添概要及び報告書本体をご覧下さい。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
直通:03-5521-8354
代表:03-3581-3351
室長:戸田 英作(6737)
室長補佐:二宮 康司(6757)
担当:岸本 拓之(6781)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ