報道発表資料

平成22年2月8日
水・土壌
この記事を印刷

平成22年度 クールシティ推進事業[地下水等活用型・地中熱利用型]の募集について(お知らせ)

 環境省は、平成18年度より、地下水及び地中熱等を活用したヒートアイランド対策技術の環境影響等について実証・評価する、クールシティ推進事業を実施しています。
 この度、平成22年度実施分の実証事業を、2月8日(月)から3月3日(水)の間で募集します。

1.背景

 ヒートアイランド現象を緩和するため平成16年3月にまとめられた「ヒートアイランド対策大綱」の中では「水の活用による対策の推進」が、また、平成19年6月閣議決定の「21世紀環境立国戦略」の中では、温暖化対策とヒートアイランド対策が今後1、2年で重点的に着手すべき戦略と、それぞれ位置付けられています。
 これらに対応するに当たり、地下水及び地中熱等の活用が期待されていますが、活用に当たっては、地下水・地盤への影響に配慮する必要があります。

2.事業の概要

 「クールシティ推進事業」は、ヒートアイランド対策の推進に資するため、環境への影響等の知見に乏しい、地下水及び地中熱等を活用したヒートアイランド対策技術について、地盤環境への影響等を実証・評価し、環境への悪影響等を生じさせないための留意事項等を取りまとめる事業です。

3.応募対象

(1)
応募対象技術の要件
実証項目事業の要件
高負荷の放熱等による影響把握
地盤への過負荷運転(採放熱井の使用本数を絞るなど)が実験的に実施できる施設であること
地盤温度の変化・熱交換量の関係等について現地でのデータ取得が可能であること
取得データを用いて地盤の熱変化などの推計が可能であること
(注)
地下水・地中熱利用による地盤への熱影響等と同様の状況を再現できることが認められる施設であれば、地下水・地中熱を利用する事業以外でも対象となります。
(2)
応募対象地域
 地下水及び地中熱等を活用したヒートアイランド対策の効果及び地盤環境への影響等の解析・評価が可能な地域であること。
(3)
応募者の範囲
 限定はありません。(ただし、地方公共団体を除く。)

4.募集・選考方法

 平成22年3月3日(水)17:00(必着)を応募締切とします。応募書類を5.の応募先まで提出してください。
 応募された内容については、外部有識者によるヒアリング審査(パワーポイント等を使用し、発表・質問を含め20分程度のプレゼンテーション)を行い、その結果をもとに採択する事業を決定します。

募集要領・応募様式等の詳細は、以下の環境省ホームページで御確認ください。

<URL>http://www.env.go.jp/water/jiban/coolcity/index.html

5.担当及び応募先

〒100-8975 東京都千代田区霞が関1−2−2
環境省水・大気環境局土壌環境課地下水・地盤環境室
 クールシティ推進事業[地下水等活用型・地中熱利用型]担当:辻、中島
  Tel 03-5521-8308(直通)
  Fax 03-3501-2717
  電子メール:mizu-chikasui@env.go.jp

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局土壌環境課地下水・地盤環境室
直通:03-5521-8308
代表:03-3581-3351
室長:是澤 裕二(内線 6670)
室長補佐:唐沢 潔(内線 6671)
担当:辻 勝浩(内線 6674)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ