報道発表資料

平成22年1月18日
水・土壌
この記事を印刷

米国におけるWETシステムに関するセミナーの開催について(お知らせ)

 環境省と独立行政法人国立環境研究所は、平成22年2月17日(水)に、米国において水質清浄法の下で導入されている"全排水毒性(Whole Effluent Toxicity 、以下「WET」という)"の運用及び試験方法に関する「米国におけるWETシステムに関するセミナー」を開催します。

1.開催の趣旨

 環境省においては、生物応答を用いた水環境管理手法について、日本における利用の在り方について有効性や課題の検討を始めたところです。
 本セミナーは、生物応答を利用することにより、事業場排水中の化学物質による影響を総体的に把握し、対策を講じるWET手法を、我が国にも参考になる先行的な手法の一つとして、その制度的、技術的な運用の実態についての知見を得ることを目的とするものです。

2.開催の概要

名称:
米国におけるWETシステムに関するセミナー
日時:
平成22年2月17日(水)10:00〜17:00(受付は09:30〜)
場所:
国際連合大学 ウ・タント国際会議場
〒150-8925 東京都渋谷区神宮前5-53-70
http://www.unu.edu/access/
参加費:
無料
定員:
300名
申込:
次のいずれかの方法による。(締切り:平成22年2月16日(火)。ただし、締切り前に定員に達したときは、以後の申込みを受け付けないことがある。)
[1]
独立行政法人国立環境研究所ウェブサイトからの申込み
http://www.nies.go.jp/risk/seminar/wetseminar2009/index.htmlにアクセスし、ウェブサイト上から参加申込みフォームに必要事項を入力し、送信する。
[2]
電子メールによる申込み
 [1]による申込みができない場合は、『氏名、ふりがな、所属、電話番号、メールアドレス』を明記の上、件名を『WETセミナー参加申込み』として、wet-seminar2009@nies.go.jpに送信する。
主催:
環境省、独立行政法人国立環境研究所
事務局:
独立行政法人国立環境研究所環境リスク研究センター
担当 松崎、横川(電話:029-850-2654、FAX:029-850-2920)

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局水環境課
直通:03−5521−8313
 代表:03−3581−3351
 課長 森北 佳昭(内線6610)
 補佐 木野 修宏(内線6615)
 担当 磯部 良太(内線6629)
独立行政法人国立環境研究所
環境リスク研究センター
 直通:029−850−2654
 センター長 白石 寛明

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ