報道発表資料

平成21年11月27日
水・土壌
この記事を印刷

平成20年度公共用水域水質測定結果について(お知らせ)

 都道府県知事が作成した水質汚濁防止法における測定計画に基づいて、国及び地方公共団体が実施した平成20年度の公共用水域の水質測定結果を集計し、全国の公共用水域水質測定結果を取りまとめた。

 その概要は以下のとおり。

1.健康項目
 26項目の環境基準達成率は99.0%(前年度対比0.1ポイント低下)と、ほとんどの地点で環境基準を達成した。
2.生活環境項目
  • [1]有機汚濁の代表的な水質指標であるBOD又はCODの環境基準達成率は、全体では、87.4%(同1.6ポイント上昇)となった。
     河川、湖沼、海域ごとにみると、河川で92.3%(同2.3ポイント上昇)、湖沼で53.0%(同2.7ポイント上昇)、海域で76.4%(同2.3ポイント低下)となった。河川では改善が進んでおり、前年度と同程度の水準となった。湖沼では依然として達成率が低い状況にあり、海域では達成率が概ね横ばいで推移。
  • [2]全窒素及び全燐の環境基準達成率は、湖沼においては、50.0%(同3.6ポイント上昇)となっており、依然として低い水準で推移している。また、海域においては、84.9%(同2.7ポイント上昇)となった。

 本公表資料は、環境省ホームページ http://www.env.go.jp/ に掲載されます。

連絡先
環境省水・大気環境局水環境課
直通電話:03-5521-8316
代表電話:03-3581-3351
課長:森北 佳昭(内線6610)
補佐:戸川 雄介(内線6614)
担当:阿部 博 (内線6628)

関連情報

ページ先頭へ