報道発表資料

平成21年10月19日
地球環境
この記事を印刷

「低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)」第1回年次会合の開催結果について(お知らせ)

 10月12−13日にイタリアのボローニャにおいて、イタリアからLCS-RNetに参加している地中海気候センター(CMCC)の主催で「低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)」第1回年次会合が開催されました。
 本会合には、17カ国36機関55名が出席しました。また、我が国からは、LCS-RNet政府窓口である環境省、参加機関である国立環境研究所、(財)地球環境戦略研究機関(LCS-RNet事務局)が出席しました。本会合では、出席者による各国の低炭素社会関連研究に関する発表等を踏まえ、低炭素社会研究の情報交換や推進について議論が行われました。
 今回の成果は、気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15)のサイドイベント及び来年度のG8環境大臣会合にて報告される予定です。

1.本会合の経緯

 本ネットワークは、昨年5月のG8環境大臣会合(神戸:2008年5月24‐26日)における我が国の提案を受けて、本年のG8環境大臣会合(シラクサ:2009年4月22−24日)において発足が了承されたもの。
 現時点での参加国・機関は、我が国のほか、仏、独、伊、韓、英の6カ国10研究機関。

2.LCS-RNetの目的

(1)
低炭素社会研究の推進及び情報交換
(2)
G8などの気候政策の意思決定プロセスに、科学的知見を提供すること

3.主催

 地中海気候センター(CMCC)(イタリア政府が指定)

4.日程

 平成21年10月12日(月)−13日(火)

5.開催場所

 イタリア、ボローニャ

6.出席機関

 別紙参照。

LCS-RNetは研究者間のネットワークであり、今回の会合においては、政府はオブザーバーの立場で参加している。

7.結果概要

 我が国環境省からは、セッション1「低炭素社会と政策」で、低炭素社会づくり行動計画(平成20年7月29日閣議決定)を紹介した。また、第64回国連総会における鳩山総理大臣一般討論演説(平成21年9月24日)のスピーチ(鳩山イニシアティブを含む)や、地球環境研究総合推進費で低炭素社会研究を支援していることを紹介した。また、国立環境研究所からは、セッション3「低炭素社会に向けた各国の道筋と研究を取り巻く環境」で、日本の低炭素社会シナリオに関する研究成果を発表した(地球環境研究総合推進費S-3「脱温暖化社会に向けた中長期的政策オプションの多面的かつ総合的な評価・予測・立案手法の確立に関する総合研究プロジェクト」及びS-6 「アジア低炭素社会に向けた中長期的政策オプションの立案・予測・評価手法の開発とその普及に関する総合的研究」の研究成果の一部)。

 会合プログラムは以下のとおり(詳細別紙)。

◇10月12日(月)
セッション1:
低炭素社会と政策
セッション2:
グリーン成長と低炭素社会
セッション3:
低炭素社会に向けた各国の道筋と研究を取り巻く環境
◇10月13日(火)
セッション4:
低炭素社会と技術革新
セッション5:
低炭素社会と行動の変化
セッション6:
総括セッション
セッション7:
今後のLCS-RNet活動と運営

8.会合の総括について

 下記のような主要メッセージを含む総括と、各セッションの要約をとりまとめた統合レポートを今後作成し、気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15)サイドイベント及び来年度のG8環境大臣会合で報告される予定。

  • 低炭素社会に向けた道筋の明確化と道筋を評価する経済評価手法の確立が必要
  • 低炭素社会への転換には、既存技術の普及と新技術革新の両方が必要
  • 低炭素社会に向けた行動様式の変化を応援する政策が極めて大切
  • 途上国が早めにLCS-RNetに参加することが望まれる
  • 社会科学と自然科学の両分野を統合して、低炭素社会への転換に向けた問題解決に当たる必要がある

9.今後の予定

 第2回年次会合は、ドイツにて開催される予定(ベルリン:2010年10月)。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課研究調査室
代表:03-3581-3351
 直通:03-5521-8247
室長:小野 洋 (内線6730)
室長補佐:清野 達男(内線6731)
担当:田畑 桂 (内線6732)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ