報道発表資料

平成21年10月19日
地球環境
この記事を印刷

オフセット・クレジット(J-VER)制度活用事業者支援事業における支援対象事業者の決定(第2陣)について(お知らせ)

  • 環境省では、昨年11月、国内のプロジェクトにより実現された温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証する「オフセット・クレジット(J-VER)制度」を創設しました。
  • 本制度の活用を一層促進するため、本制度の活用を希望するプロジェクト事業者の方々に対し、[1]申請書作成支援及び[2]モニタリング報告書の作成、検証受検支援等を行うこととし、本年5月から対象事業を募集しています。
  • 今般、8月7日の第一次採択以降に応募のあった案件の中から、[1]申請書作成支援を行う事業者3者、[2]モニタリング報告書の作成、検証受検支援等を行う事業者15者を決定しましたので、お知らせします。
  • なお、本事業については、申請書作成支援に限り、12月11日まで募集を延長します。

1.オフセット・クレジット(J-VER)制度活用事業者支援事業について

(1)オフセット・クレジット(J-VER)制度とは
 これまで、カーボン・オフセットには主に京都メカニズムクレジットが用いられていましたが、国内の排出削減・吸収活動によるクレジットを用いたいというニーズの高まりを受けて、環境省では、一定の基準を満たした信頼性の高いクレジットを認証する「オフセット・クレジット(J-VER)制度」を創設しました。
 J-VER制度の活用によって、これまで海外に投資されていた資金が国内の温室効果ガス排出削減・吸収活動に還流することとなるため、地球温暖化対策と地域経済の活性化が一体的に推進されることが期待されています。
(2)支援内容
[1]申請書作成支援
 排出削減・吸収プロジェクトの申請を行おうとする事業者を対象に、30事業者程度を目安に、申請書・モニタリングプラン作成指導、登録審査(バリデーション)時の問い合わせへの対応、オフセット・クレジット(J-VER)の買い手情報の提供を行います。
[2]モニタリング報告書作成・検証受検支援
 15事業者程度を目安に、プロジェクトの登録を受けた事業者のうち、今年度中に排出削減・吸収量のモニタリング・検証を終える意思を有する事業者を対象に、モニタリング報告書作成にあたっての指導、検証機関情報の提供、検証時問い合わせへの対応、検証費用の負担(100万円を上限に全額)、オフセット・クレジット(J-VER)の買い手情報の提供を行います。
(3)選定基準
[1]申請書作成支援
オフセット・クレジット(J-VER)制度への申請意思
温室効果ガスの排出削減量又は吸収量
オフセット・クレジット(J-VER)制度ポジティブリスト(パブリックコメント中のものを含む)との適合性
事業の実現可能性
申請内容の対外的アピール性
[2]モニタリング報告書作成・検証受検支援
申請内容のコベネフィット性、対外的アピール性
温室効果ガスの排出削減量又は吸収量
検証の実施予定時期、費用の妥当性

2.採択結果について

[1]申請書作成支援の対象となったプロジェクトは以下のとおりです。

(プロジェクト種類ごとの50音順)
プロジェクト代表事業者プロジェクト実施場所プロジェクト種類
国分株式会社 三重県松阪市 森林経営活動によるCO2吸収量の増大(間伐促進型プロジェクト)
智頭町芦津財産区 鳥取県八頭郡智頭町
富山BDF株式会社 富山県富山市 廃食用油由来のバイオディーゼル燃料の車両における利用

[2]モニタリング報告書作成・検証受検支援の対象となったプロジェクトは以下のとおりです。

(プロジェクト種類ごとの50音順)
プロジェクト代表事業者プロジェクト実施場所プロジェクト種類
高知県 高知県須崎市 化石燃料から未利用の木質バイオマスへのボイラー燃料代替
下川町 北海道上川郡下川町
滝上町 北海道紋別郡滝上町
足寄町 北海道足寄郡足寄町 化石燃料から木質ペレットへのボイラー燃料代替
梼原町 高知県高岡郡梼原町
特定非営利活動法人 森のライフスタイル研究所/長野県 長野県 木質ペレットストーブの使用
小国町 熊本県阿蘇郡小国町 森林経営活動によるCO2吸収量の増大 (間伐促進型プロジェクト)
環境NPOオフィス町内会 岩手県下閉伊郡岩泉町、岩手郡葛巻町
高知県 高知県
森林バイオマス吸収量活用推進協議会 北海道足寄郡足寄町
北海道上川郡下川町
北海道紋別郡滝上町
北海道網走郡美幌町
(株)トライウッド 大分県日田市
財団法人新潟県農林公社 新潟県佐渡市
諸塚村 宮崎県東臼杵郡諸塚村
佐川林業 高知県香美市 森林経営活動によるCO2吸収量の増大 (持続可能な森林経営促進型プロジェクト)
当別町地域公共交通活性化協議会 北海道石狩郡当別町 廃食用油由来のバイオディーゼル燃料の車両における利用

今後のスケジュール

 申請書作成支援について、12月11日(金)まで案件募集を延長し、8件程度を採択する見込みです。支援を希望される方は、以下のURLをご覧ください。

・ 環境省報道発表資料 http://www.env.go.jp/press/11187.html

参考

 オフセット・クレジット(J-VER)制度のフローについては、別添を御参照ください。その他J-VER制度の詳細については、下記の環境省HP及び気候変動対策認証センター(事務局:社団法人海外環境協力センター)HPを御覧ください。

・ 環境省 http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset.html

・ 気候変動対策認証センター http://www.4cj.org/index.html

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
直通:03-5521-8354
代表:03-3581-3351
室長:戸田 英作(6737)
室長補佐:塚本 愛子(6785)
係長:泉 勇気 (6041)
担当:新中 達也(6041)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ