報道発表資料

平成21年10月1日
保健対策
この記事を印刷

「第7回東アジアPOPsモニタリングワークショップ」の結果について(お知らせ)

 環境省は、「第7回東アジアPOPsモニタリングワークショップ(7th Workshop on Environmental Monitoring of Persistent Organic Pollutants in East Asian Countries)」を、平成21年9月28日(月)〜30日(水)に、東京において開催しましたので、その結果の概要をお知らせします。

1.日時:

平成21年9月28日(月)〜9月30日(水)

2.場所:

三田共用会議所
東京都港区三田2−1−8   TEL 03-3455-7591

3.主催:

環境省

4.参加者:

(1)
東アジアPOPsモニタリングに関し、アジア地域10カ国(カンボジア、インドネシア、日本、韓国、ラオス、マレーシア、モンゴル、シンガポール、タイ及びベトナム)政府の実務担当者。
(2)
国連環境計画(UNEP)、北極圏監視評価計画(AMAP)、国連大学(UNU)、北西太平洋地域海行動計画(NOWPAP)及び日本の専門家。

5.目的:

本ワークショップは以下の事項を主な目的として開催しました。

(1)
参加各国におけるPOPsによる汚染実態についての情報交換
(2)
国際的な環境モニタリングについて、東アジア地域における協力体制の構築

6.内容:

本ワークショップにおいては

(1)
「重点調査地点」(高頻度モニタリング地点)の決定を含む、平成21年度以降の「東アジアPOPsモニタリング調査」の計画の策定
(2)
これまでの各国の取組及び第4回POPs条約締約国会議で採択された新規POPs類を含めたPOPsモニタリングへの今後の対応
(3)
環境省が平成20年度にカンボジアにおいて実施した「東アジアPOPsモニタリング調査」の結果の精査等

 等を行った結果、主に以下のような成果が得られました。

重点調査地点候補のベトナムが長期継続的なモニタリングを実施するための具体的な計画を提示した。この計画は参加各国に合意され、タムダオ(ベトナム)が、辺戸岬(日本)、済州島(韓国)に続く、新たな重点調査地点に追加されることになった。
21年度の東アジア地域の大気バックグラウンドモニタリングは、マレーシアで実施することが決定された。
POPsモニタリング能力向上に関して、地球環境ファシリティ(GEF)の資金を活用するプロジェクトへ申請することを決定した。本プロジェクトのリード国をベトナムに決定し、また本プロジェクトに参加する国の第一次意思表明を確認した。
昨年度実施された大気バックグラウンドモニタリングについて、カンボジア、韓国、日本から測定結果が報告され、精査された。併せて、分析に当たっての技術的課題について情報共有がなされた。
新規POPs等(候補物質を含む)を対象にした分析法開発への取組について、日本より情報提供を行った。

 なお、議長サマリー及びその和訳については、別添のとおり。

添付資料

連絡先
環境省環境保健部環境安全課
直通:03−5521−8261
代表:03−3581−3351
課長:早水 輝好(内線6350)
保健専門官:佐藤 輝雄(内線6361)
担当:太田 昌宏(内線6355)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ