報道発表資料

平成21年9月28日
地球環境
この記事を印刷

「東アジアの酸性雨に関する地域科学ワークショップ2009」及び「東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)第9回科学諮問委員会」の開催について(お知らせ)

 東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)の「第9回科学諮問委員会」が、10月14日(水)から16日(金)まで、つくば市内において開催されます。これに併せて、「東アジアの酸性雨に関する地域科学ワークショップ2009」が、10月12日(月)から13日(火)まで、同市内において開催されます。

1.経緯

 東アジア地域における酸性雨問題に関する地域協力体制の確立を目的として、2001年1月からEANETが本格稼働を開始しており、参加国において共通手法を用いた酸性雨モニタリング等を行っています。
 EANET科学諮問委員会は、EANET参加国から、酸性雨及びその影響に関する学者・専門家が参加する会合であり、毎年1回開催され、EANETの政府間会合に対し、科学的観点からの助言を与える役割を果たすものです。今般、第9回科学諮問委員会とともに、同委員会開催の機会を捉え、東アジアの酸性雨に関する地域科学ワークショップが、それぞれつくば市内において開催されます。

2.東アジアの酸性雨に関する地域科学ワークショップ2009

(1)概要

 EANETでは酸性雨の状況に関するデータを取りまとめた報告書を定期的に作成しており、2011年に取りまとめ予定の第2次評価報告書の作成に向けた専門家間の情報交換及び共通認識の醸成を図るもの。

(2)日程

平成21年10月12日(月)〜13日(火)

(3)場所

つくば国際会議場(茨城県つくば市竹園2-20-3、TEL:029-861-0001)

(4)主催

 EANETネットワークセンター(財団法人日本環境衛生センター酸性雨研究センター)

(5)参加者

 EANET科学諮問委員会メンバー、EANET参加国及び欧米の専門家、一般傍聴者等

(6)プログラム

  • 第1部:湿性・乾性沈着に関する長期的傾向と現状分析
  • 第2部:東アジア地域大気汚染のモデリング分析
  • 第3部:酸性雨と関連大気汚染物質による植物及び健康影響

(7)その他

  • ワークショップにおける使用言語は、英語のみです。
  • 一般参加も可能です(事前登録制)。詳細内容は、EANETネットワークセンターのホームページをご覧ください。
    http://www.eanet.cc/jpn/meeting/RSW/index.html

3.第9回科学諮問委員会

(1)概要

 本会合では、科学諮問委員会の下に設けられている各タスクフォース及び専門家会合からの活動報告、EANET次期中期計画案の検討等について、科学的な観点からの検討や情報・意見交換等が行われる予定。

(2)日程

平成21年10月14日(水)〜16日(金)

(3)場所

つくば国際会議場(茨城県つくば市竹園2-20-3、TEL:029-861-0001)

(4)主催

EANET事務局(国連環境計画アジア太平洋地域資源センター)

(5)参加者

 EANET参加13か国(カンボジア、中国、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、フィリピン、ロシア、韓国、タイ、ベトナム)の研究者及び専門家など

(6)主な議題

  • 2008年データレポート案の検討
  • タスクフォース及び専門家会合からの活動報告
  • 東アジアの酸性雨に関する地域科学ワークショップ2009の報告
  • EANET次期中期計画案の検討 他

(7)その他

  • 本会合は非公開で行われます。
  • 会合冒頭での取材は可能ですので、御希望があれば(財)日本環境衛生センター酸性雨研究センター(担当:笠原、TEL 025(263)0550に御連絡ください。)
  • 会合における使用言語は、英語のみです。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
直通:03−5521−8246
代表:03−3581−3351
課長:瀬川 俊郎(6740)
課長補佐:木野 修宏(6755)
担当:八田 哲典(6745)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ