報道発表資料

平成21年9月24日
地球環境
この記事を印刷

平成21年度 市民共同発電推進事業の採択案件について(お知らせ)

 環境省は、発電に係る二酸化炭素排出量が非常に少ないクリーンなエネルギーである小水力発電の普及に取り組んでおります。このたび、市民からの出資等により小水力発電設備を設置する民間団体を募集したところ、3件の申請があり、うち2件の事業を採択することとしましたので、お知らせいたします。

1.事業の概要及び目的

 本事業は、市民参加型のNPO等が地方公共団体等と連携し、地域に賦存する未利用の小水力の活用に向けて、市民の出資等の協力を伴い、公共施設等への小水力発電設備を設置する取組を支援することにより、全国的な利用促進と普及啓発を図ることを目的としています。
 なお、小水力発電設備の設置に際して相談受付体制を整備し、サポートする業務を一般社団法人小水力開発支援協会へ委託して平成21年度から実施しております。

2.事業の対象

民間事業者、特定非営利活動法人等の民間団体が、河川や用水路等に20kW以上1000kW以下の小水力発電設備を設置する事業で、以下の分類[1][2]のいずれかの要件に該当するものを対象としました。(補助率:上限1/2)

・分類[1]
市民からの出資により小水力発電設備を設置する事業。
・分類[2]
地方公共団体等と連携し、市民からの金銭的な出資の他、寄付や人的出資等の市民の協力により小水力発電設備を設置する事業で、市民への普及啓発効果が特に優れているもの。

3.補助対象事業の選定結果

(別添参照)

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
課長  高橋 康夫(内6770)
調整官  立川 裕隆(内6771)
課長補佐  水間 健二(内6795)
担当  亀井 雄 (内6780)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ