報道発表資料

平成21年9月17日
保健対策
この記事を印刷

第7回「東アジアPOPsモニタリングワークショップ」の開催について(お知らせ)

 環境省は、「東アジアPOPsモニタリングワークショップ(Workshop on Environmental Monitoring of Persistent Organic Pollutants in East Asian Countries)」を、平成21年9月28日(月)〜30日(水)に、東京において開催します。
 ワークショップは非公開で行いますが、ワークショップ終了後、結果の概要を公表する予定です。

1.日時:

平成21年9月28日(月)〜9月30日(水)

2.場所:

三田共用会議所
東京都港区三田2−1−8   TEL 03-3455-7591

3.主催:

環境省

4.参加者(予定):

(1)
東アジアPOPsモニタリングに関し、アジア地域11カ国(カンボジア、インドネシア、日本、韓国、ラオス、マレーシア、モンゴル、フィリピン、シンガポール、タイ及びベトナム)政府の実務担当者。
(2)
国連環境計画(UNEP)、北極圏監視評価計画(AMAP)、国連大学(UNU)、北西太平洋地域海行動計画(NOWPAP)及び日本の専門家。

5.目的:

本ワークショップは、以下の事項を主な目的としています。

(1)
参加各国におけるPOPsによる汚染実態についての情報交換
(2)
国際的な環境モニタリングについて、東アジア地域における協力体制の構築

6.内容:

今回のワークショップでは、以下の内容が主に議論される予定です。

(1)
これまでの各国の取組及び第4回POPs条約締約国会議で採択された新規POPs類への今後の対応
(2)
環境省が平成20年度にカンボジアにおいて実施した「東アジアPOPsモニタリング調査」の結果の精査等
(3)
「重点調査地点」(高頻度モニタリング地点)の決定を含む、平成21年度以降の「東アジアPOPsモニタリング調査」の計画の策定

7.取材について

 本ワークショップは非公開とさせていただきますが、冒頭の開会挨拶部分(9月28日(月)9:30より5分程度)のみ取材(カメラ撮影を含む)が可能です。取材を希望される方は、9月24日(木)17:00までに、別紙の様式をご記入いただき、FAXにて登録してください。(三田共用会議所は、事前の登録がないと入館できませんので、必ず登録されるようお願いします。)

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
直通: 03−5521−8261
代表: 03−3581−3351
課長:早水 輝好(内線6350)
保健専門官:佐藤 輝雄(内線6361)
担当:太田 昌宏(内線6355)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ