報道発表資料

平成21年9月8日
自然環境
この記事を印刷

「神戸生物多様性国際対話」の開催について(お知らせ)

 環境省では、平成22(2010)年に愛知県名古屋市で開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の1年前に当たる平成21年10月15日(木)と16日(金)に、民間企業やNGO、研究者、政府、国際機関を含む様々な関係者間の情報交換や対話、議論、協力を促進するため、「神戸生物多様性国際対話」を開催します。会議では、生物多様性の保全と持続可能な利用に係る民間参画の推進や生物多様性条約戦略計画の改定(ポスト2010年目標)をテーマとした議論を行うこととしています。
 この会議は公開で行われますので、皆様の御参加をお待ちしています。

1.会議の概要

(1)会議名称

日本語:
神戸生物多様性国際対話
英語:
Kobe Biodiversity Dialogue in 2009

(2)主催者等

主催:
環境省
協力:
国際自然保護連合、兵庫県、神戸市
協賛:
日本航空

(3)開催期間

平成21年10月15日(木)〜16日(金)

(4)開催場所

ホテルオークラ神戸(兵庫県神戸市)

2.目的と概要

 平成20(2008)年5月に兵庫県神戸市で開催されたG8環境大臣会合では、生物多様性が主要な議題の一つとされました。その結果、すべての国に対してさらなる行動を呼びかける「神戸・生物多様性のための行動の呼びかけ」(Kobe Call for Action for Biodiversity)にG8各国が合意しました。また、この「行動の呼びかけ」を実施するため、同会合の議長国であった日本は「『神戸・生物多様性のための行動の呼びかけ』の実施のための日本の取組」を表明しました。この中では、様々な利害関係者間の情報交換、対話、議論、協力を促進するため、国際的フォーラム「神戸生物多様性対話」を開催することが明記されており、本会議はこれを踏まえて開催されるものです。
 会議では、生物多様性の保全と持続可能な利用に係る民間参画の推進や戦略計画の改定(ポスト2010年目標*)をテーマとした議論を行うこととしています。なお本会議は、平成22(2010)年に愛知県名古屋市で開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の1年前に行われるもので、COP10を成功させるための足がかりの一つとなるものです。

生物多様性条約第6回締約国会議で採択された「現在の生物多様性の損失速度を、2010年までに顕著に減少させる」という目標に代わる新たな目標(ポスト2010年目標)を設定することが、主要な議題のひとつとなっている。

3.会議スケジュール(予定)

10月15日(木)(1日目)

9:00−9:30
開会
9:30−10:30
基調講演
生物多様性条約事務局 アフメッド・ジョグラフ事務局長
環境省
10:30−10:45
休憩
10:45−13:00議題1−1「民間参画の進展と課題」
○ファシリテーター:
桐蔭横浜大学 涌井史郎氏
○話題提供(各20分):
日本経済団体連合会自然保護協議会
ドイツ技術協力公社 エドガー・エンドルカイティス氏
滋賀経済同友会 菊池玲奈氏
環境省自然環境局生物多様性地球戦略企画室 鳥居敏男
○討論(55分)
13:00−14:30
昼食
14:30−16:45議題1−2「条約実施への民間参画に係る企業の取組」
○ファシリテーター:
国際自然保護連合 ジョシュア・ビショップ氏
○話題提供(各20分):
国際自然保護連合 ジョシュア・ビショップ氏
企業関係者(調整中)
○討論(55分)
16:45−17:15
休憩
17:15−18:15総括討論(1日目分)
○議長:
桐蔭横浜大学涌井史郎氏
19:00−21:00
懇親会

10月16日(金)(2日目)

9:00−11:00議題2−1「戦略計画の改定(ポスト2010年目標の設定)にむけた課題と展望」
○ファシリテーター:
国際自然保護連合 ジェフ・マクニーリー氏
○話題提供(各15分):
国際自然保護連合
ジェーン・スマート氏
ジョシュア・ビショップ氏
生物多様性条約市民ネットワーク
吉田正人氏
(江戸川大学)
京都大学フィールド科学教育研究センター
白山義久氏
環境省自然環境局生物多様性地球戦略企画室
鳥居敏男
○討論(45分)
11:00−11:15
休憩
11:15−13:15議題2−2「新・戦略計画(ポスト2010年目標)の達成のための手段」
○ファシリテーター:
国際自然保護連合元地域理事 赤尾信敏氏
○話題提供(各15分):
地球環境ファシリティ マーク・ジンスキー氏
国連環境計画世界動植物保全監視センター
マット・ワルポール氏
国際連合大学高等研究所 名執芳博氏
バードライフアジア クリスティ・ノザワ氏
兵庫県立人と自然の博物館 中瀬勲氏
○討論(45分)
13:15−15:00
昼食
15:00−15:30総括討論(2日目分)
○議長:
国際自然保護連合元地域理事 赤尾信敏氏
16:00−16:30 閉会
会議総括の発表
閉会挨拶
 会議の内容や参加者は、予告なく変更することがあります。

 会議内容の詳細については、以下のホームページにおいて、随時更新する予定としています。
 http://www.biodic.go.jp/biodiversity/kobetaiwa/index.html

4.言語

日本語、英語(同時通訳あり)

5.傍聴手続き

 本会議は、公開で行われます。
 傍聴希望の方は、以下のホームページから参加登録をお願いします。
 http://www.biodic.go.jp/biodiversity/kobetaiwa/index.html

 取材の方も同様に上記ホームページから参加登録が必要です。
連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室
直通:03-5521-8150
代表:03-3581-3351
室長:鳥居 敏男(内線 6480)
室長補佐:高橋 一彰(内線 6476)
担当:廣澤 一(内線 6979)

ページ先頭へ