報道発表資料

平成21年9月7日
水・土壌
この記事を印刷

東京湾水質一斉調査結果〔速報〕について(お知らせ)

 国・八都県市等による東京湾の水質一斉調査の調査結果(速報)を取りまとめましたのでお知らせします。

 平成20年度から、国・自治体・研究機関などの連携をはかり、海域及び河川の水質等を一斉に調査するとともに、臨海部及び関連流域に立地する企業や市民団体等も参加するなど、多様な主体が連携、協働して調査や環境教育・環境活動を実施しております。
 今回の東京湾水質一斉調査では、昨年度とほぼ同様に内湾での夏季の一般的な傾向である水温、塩分の成層が発達しており、湾央部から湾奥部に広がりをもった底層の貧酸素水塊が分布していることがわかりました。
 なお、今回の公表データはあくまでも速報であり、データの精度を公的に保証するものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

1 調査日

 平成21年8月5日(水)を中心に調査を実施
なお、実施日の前後(8月1日〜9日)に実施された調査についても対象としています。
(平成20年度調査実施日:平成20年7月2日を中心に7月1日〜4日の調査も対象)

2 参加機関

 143機関・団体(別紙1参照)
(平成20年度参加機関数:47機関・団体)

3 調査地点

 海域312地点、陸域447地点 計759地点
※平成21年度の地点数は、現在、把握している地点数であり変更となる可能性があります。
(平成20年度調査地点数:海域224地点、陸域381地点 計605地点)

4 調査項目(共通項目)

海域:
溶存酸素量(DO)、水温、塩分
陸域:
化学的酸素要求量(COD)、水温、流量

5 調査結果(速報)について

別紙2参照

6 連絡先

東京湾再生推進会議モニタリング分科会事務局(問合せ先)
海上保安庁海洋環境保全推進室
須藤 03-3541-3814 (内線596)
環境省水・大気環境局水環境課閉鎖性海域対策室
小川 03-3581-3351 (内線6664)
八都県市首脳会議環境問題対策委員会水質改善専門部会事務局
 さいたま市環境局環境共生部環境対策課
小泉 048-829-1331
東京湾岸自治体環境保全会議事務局
 横浜市環境創造局規制指導課
江口 045-671-2803

添付資料

連絡先
東京湾再生推進会議モニタリング分科会事務局環境省水・大気環境局
水環境課閉鎖性海域対策室
(直通03-5521-8320)
室長:室石 泰弘 (6660)
担当:小川 尚人 (6664)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ