報道発表資料

平成21年8月31日
地球環境
この記事を印刷

平成21年度エコ燃料実用化地域システム実証事業(首都圏)におけるE3(バイオエタノール3%混合ガソリン)の販売供給開始について(お知らせ)

 環境省では、「エコ燃料実用化地域システム実証事業」として大都市圏等において、バイオエタノール混合ガソリンによる自立的なエコ燃料生産・利用システムの実証事業を実施しております。この度、9月1日(火)から、以下のガソリンスタンドにおいて、一般の車両に対するE3(バイオエタノール3%混合ガソリン)の販売供給を、首都圏において初めて実施することとなりましたのでお知らせいたします。

1.事業の目的

 京都議定書目標達成計画における運輸部門の対策の柱である輸送用バイオマス由来燃料(エコ燃料)の導入については、2010年度に原油換算50万キロリットルを導入するとの目標が掲げられています。
 「エコ燃料実用化地域システム実証事業(首都圏)」は、エコ燃料の普及を加速化するため、地域のエコ燃料生産・利用の拠点づくりを支援するとともに、実用化に近い規模で生産・利用モデルを構築することで残された課題の検証・解決を図り、自立的なエコ燃料生産・利用システムの成立を実証することを目的としています。

2.事業内容

 本事業は、日伯エタノール株式会社袖ヶ浦事業所においてE3(バイオエタノール3%混合ガソリン)を製造し、首都圏のガソリンスタンドにおいて自動車用燃料として販売することにより、原料調達から販売までの各段階において、必要な管理手法やE3の社会的受容性等の検証を行うものです。
 今般、9月1日(火)から神奈川県内の下記ガソリンスタンドにおいて、E3ガソリンを供給することとなりました。

会社名
株式会社かなせき
本社住所
神奈川県川崎市川崎区渡田四丁目1番5号
給油所名
Self 南加瀬SS
住所
神奈川県川崎市幸区南加瀬 3−30−1
実証事業受託者
日伯エタノール株式会社
受託者住所
東京都中央区日本橋小舟町6-6
受託者連絡先
03-3669-9500

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
直通  03-5521-8339
代表  03-3581-3351    
課長    高橋 康夫(内 6770)
調整官  立川 裕隆(内6771)
課長補佐  草川 祐介 (内6791)
担当  亀井 雄(内6780)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ