報道発表資料

平成21年8月25日
地球環境
この記事を印刷

パンフレット「温暖化から日本を守る 適応への挑戦」の作成について(お知らせ)

 環境省は、内閣府、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省、気象庁と共同で、地球温暖化への適応に関する取組について、広く普及啓発することを目的として、パンフレット「温暖化から日本を守る 適応への挑戦」を作成しました。

1.パンフレットの特徴

地球温暖化の影響に関する科学的知見について解説

 平成19年にとりまとめられた気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第4次評価報告書に示される地球規模の温暖化影響とともに、我が国における温暖化影響に関する最新の研究、観測成果を、写真や図表を用いてわかりやすく解説しています。

適応の必要性について解説

 地球温暖化への対策として、温暖化の原因となる温室効果ガスの排出を抑制する「緩和」と並んで、温暖化の影響に対して自然や人間社会のあり方を調整する「適応」の取組が不可欠であることを解説しています。

分野別の適応の取組について解説

 我が国の防災、沿岸大都市、水資源、食料、自然生態系、健康、国民生活・都市生活の各分野における適応の取組について解説しています。また、適応の取組の基盤情報となる温暖化の観測・将来予測等の取組についても紹介しています。

緩和と適応の融合の重要性について解説

 緩和及び適応に関する国際的な取組を紹介するとともに、緩和と適応の取組を融合させた低炭素・影響適応型社会の実現の必要性について解説しています。

2. パンフレットの入手方法

 本パンフレットは、下記の環境省ホームページからダウンロードできます。
 http://www.env.go.jp/earth/ondanka/pamph_tekiou/full.pdf

連絡先
環境省地球環境局総務課研究調査室
代表: 03-3581-3351
室長: 小野 洋 (内線6730)
室長補佐: 清野 達男(内線6731)
主査: 橋本 徹 (内線6735)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ