報道発表資料

平成21年8月18日
保健対策
この記事を印刷

カドミウム汚染地域住民健康影響調査検討会報告書について(お知らせ)

 環境省(庁)及び富山県では、昭和54年以降、富山県の神通川流域において「カドミウム汚染地域住民健康影響調査」を実施しています。
 この健康調査は、地域住民の健康状態の把握など健康管理に役立てられているほか、カドミウムによる健康影響の解明に資するため、医学専門家からなる検討会において解析・評価を行っています。
 昭和54年度〜59年度の調査結果に係る検討会報告は平成元年に、昭和60年度〜平成8年度の調査結果に係る検討会報告は、平成14年にとりまとめ・公表されました。
 引き続き、平成9年度〜19年度の調査結果については、過去のデータも含めて整理・集計の上、「カドミウム汚染地域住民健康影響調査検討会」において解析・評価が行われ、今般、報告書がとりまとめられましたのでお知らせいたします。

1.今回の検討会報告の概要

 本報告書は、平成9年度〜19年度の住民健康調査で得られた約6,000人の検査データを中心に、それ以前のデータも含めて集計し、近位尿細管機能の経時的変化や腎機能との関連などについて解析・評価した結果をとりまとめたものである。
 その結果、調査の対象者において、

[1]
 近位尿細管機能の指標である尿中β2−MGが高値で持続する者(検診対象住民の7%以下程度と推定される)の腎機能の低下速度は、一般人の低下速度に比べると早いが、糖尿病や高血圧等の他疾患が原因となる低下の速度に比べると遅いこと、
[2]
 尿中β2−MGが高値の者は、一般人に比べるといわゆる慢性腎臓病に相当する割合が高いこと、
[3]
 現時点で尿中β2−MGが低値の者は、今後腎機能に影響が及ぶほど高値となる可能性が低いこと、

などが明らかとなった。

2.今後の対応

 環境省としては富山県の協力を得て、地域住民の健康管理及び更なるデータの収集のため、今後も住民健康調査を継続するとともに、近位尿細管障害を呈する住民に対する健康管理の必要性の周知・広報の強化や適切な保健指導を進めていくほか、検診体制のあり方について検討することとしたい。
 また、対象地域で認められる近位尿細管障害に伴う慢性腎臓病の予後や、他の原因による慢性腎臓病と比較し、どの程度心血管障害等の健康障害と関連するのかを検討するため、地域住民の透析患者数等の調査を進めることとしたい。

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境保健企画管理課保健業務室
代表:03−3581−3351
直通:03−5521−8256
室長:森口   裕 (内線6320)
補佐:佐々木 正大(内線6322)
補佐:蛭川 雄太郎(内線6332)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ