報道発表資料

平成21年8月7日
保健対策
この記事を印刷

「PRTR排出量等算出マニュアル第4版」の作成・公表について(お知らせ)

 PRTR制度(Pollutant Release and Transfer Register:化学物質排出移動量届出制度)において、事業者の方々が排出量等を把握する際の参考として用いていただくことを目的とし、排出量等を算出するにあたっての考え方や手法をとりまとめた「PRTR排出量等算出マニュアル」を作成しています。
 今般、「今後の化学物質環境対策の在り方について」に係る中央環境審議会中間答申(平成19年8月)や平成20年11月の特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律施行令の一部改正に伴う第一種指定化学物質の見直しを踏まえ、従前のマニュアルを改訂し、「PRTR排出量等算出マニュアル(第4版)」を作成いたしましたので、お知らせいたします。

1.背景

 PRTR制度(Pollutant Release and Transfer Register:化学物質排出移動量届出制度)は、人の健康や生態系に有害なおそれがある特定の化学物質について、その環境中への排出量及び廃棄物に含まれて事業所の外に移動する量を事業者が自ら把握し、都道府県等を経由して国に報告し、国は事業者からの報告や統計資料等を用いた推計に基づき、排出量・移動量を集計・公表する仕組みです。
 環境省では、経済産業省と協力し、事業者の方々が排出量等を把握する際の参考として用いていただくことを目的として、排出量等を算出するにあたっての考え方や手法をとりまとめた「PRTR排出量等算出マニュアル」を平成13年4月に作成し、以後随時改訂を行ってきています。
 今般、「今後の化学物質環境対策の在り方について」に係る中央環境審議会中間答申(平成19年8月)や平成20年11月の特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律施行令(以下「化管法施行令」という。)の一部改正に伴う第一種指定化学物質の見直しを踏まえ、「PRTR排出量等算出マニュアル(第4版)」を作成いたしましたので、お知らせいたします。

2.主な変更点

  • 化管法施行令改正への対応
  • 排出量等の把握手法の改善に資する考え方の追加
  • その他参考情報の追加   等

3.マニュアルの構成

第I部 基本編

第I部の使い方
1.
PRTR制度の意義
2.
基本的なPRTRの実施手順
3.
国のPRTR担当部局

第II部 解説編

第II部の使い方
1.
届出対象事業者・届出対象物質の判定手順の解説
2.
排出量・移動量の算出手順・届出の仕方の解説
3.
国のPRTR担当部局
作業シート

第III部 資料編

第III部の使い方
1.
代表的な工程での算出事例
2.
Q&A
3.
業種別の排出量等算出マニュアルの入手方法等
4.
排出量の把握等に役立つデータ
5.
用語集
6.
法令集
7.
索引
8.
国のPRTR担当部局

4.マニュアルの入手方法

 マニュアルの電子媒体(PDF版)は、環境省のホームページ上に公開しておりますので、ダウンロードして御利用下さい。
 http://www.env.go.jp/chemi/prtr/risk0.html

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
代表番号:03-3581-3351
課長:早水 輝好(6350)
補佐:関谷 毅史(6353)
係長:栗栖 雅宜(6360)

ページ先頭へ