報道発表資料

平成21年7月16日
地球環境
この記事を印刷

「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」(第5報)〜実施結果について〜

 環境省では、2003年より地球温暖化防止のため、ライトアップ施設等の消灯を呼び掛ける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施しており、今年は6月20日(土)から7月7日(火)まで実施しました。
 これは、ライトアップに馴れた日常生活の中、電気を消すことでいかに照明を使用しているかを実感し、地球温暖化問題について考えていただくことを目的としたキャンペーン・イベントです。
 夏至の日に当たる6月21日(日)には「ブラックイルミネーション2009」として、また最終日の7月7日(火)のクールアース・デーには「七夕ライトダウン」として、夜8時から10時までの2時間、全国のライトアップ施設等を一斉に消灯するライトダウンを呼び掛け、最終日の七夕ライトダウンでは約8万5千箇所の施設にご参加いただきました。
 各施設におかれましては、本キャンペーンの趣旨に御理解と御賛同をいただき、ライトダウンについて特段の御協力をいただきましてありがとうございました。

1.「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」の実施結果について

日時 参加施設数 削減消費電力量 CO2排出削減量
6月21日(日)20:00〜22:00
「ブラックイルミネーション 2009」
76,650箇所 756,857 kWh 約303t- CO2
7月7日(火)20:00〜22:00
「七夕ライトダウン」
85,583箇所 1,608,801 kWh 約645t- CO2
6月21日(日)と7月7日(火)の
合計
162,233箇所 2,365,658 kWh
(参加施設からの申告による数量の集計値)
約949t- CO2
(約6万5千世帯の1日当たりのCO2排出量に相当)

<参考> 参加施設数の推移

2008年:76,395箇所(7/7) 73,542箇所(6/21)
2007年:63,138箇所  2006年:39,845箇所  2005年:22,716箇所
2004年: 6,088箇所  2003年: 2,278箇所
 ※2003年〜2007年は夏至の日に最も近い日曜日に実施

2.ライトダウンに参加した施設・団体の内訳

(1)主なランドマーク施設

(札幌)
さっぽろテレビ塔、札幌市時計台、大倉山ジャンプ競技場
(仙台)
仙台テレビ塔 
(福島)
会津若松城
(東京)
東京タワー、レインボーブリッジ、パレットタウン大観覧車、アルタビジョン
(横浜)
横浜ベイブリッジ、横浜ランドマークタワー、大観覧車コスモクロック21
(富山)
クロスランドタワー
(名古屋)
名古屋テレビ塔、名古屋城、ナゴヤドーム
(京都)
京都タワー、東寺五重塔
(大阪)
通天閣、大阪城、道頓堀グリコネオン、天保山大観覧車
(兵庫)
神戸ポートタワー、姫路城 、明石海峡大橋
(奈良)
興福寺五重塔
(和歌山)
和歌山城
(島根)
松江城
(岡山)
岡山城
(広島)
広島城、厳島神社、福山城、平和記念公園
(山口)
海峡ゆめタワー
(高知)
高知城
(北九州)
関門橋、小倉城
(福岡)
福岡タワー
(熊本)
熊本城
(沖縄)
首里城

(2)ライトダウンした店舗(看板)・ネオン・ビル等(50音順/200箇所以上)

  • イオンリテール(約400店舗)
  • 壱番屋(1,170店舗)
  • エーエム・ピーエム・ジャパン(1,040施設)
  • NTT系列(671拠点)
  • 沖縄ファミリーマート(200店舗)
  • 九九プラス(930店舗)
  • ココストア(264店舗)
  • サークルKサンクス(6,151店舗)
  • ジー・コミュニケーション(900施設)
  • 静岡県遊技業協同組合 加盟店舗(380ホール)
  • スズキ系列(589拠点)
  • スターバックス コーヒー ジャパン(647店舗)
  • 住友ゴムグループ(581拠点)
  • スリーエフ(651店舗)
  • セイコーマート(1,040店舗)
  • セーブオン(566店舗)
  • セブン&アイ・フードシステムズ(デニーズ395店舗)
  • セブン-イレブン・ジャパン(12,323店舗)
  • セブン銀行(12,298店舗)
  • ダイエー全店(205店舗)
  • 武富士(216店舗)
  • ダスキン系列(309店舗)
  • デイリーヤマザキ(200店舗)
  • トヨタ系列(レクサス含む)(525拠点)
  • 日本興亜損害保険(560拠点)
  • 日本百貨店協会(87社259店舗)
  • 日本マクドナルド(3,756店舗)
  • ハードオフコーポレーション(619店舗)
  • ファミリーマート(7,400店舗)
  • 文化シヤッター株式会社(240営業所)
  • ポプラ(276店舗)
  • マックスバリュ系列(371店舗)
  • マツモトキヨシ(全国398店舗)
  • 南九州ファミリーマート(284店舗)
  • ミニストップ(1,934店舗)
  • モスバーガー(228店舗)
  • 森永乳業系列(938拠点)
  • ユニー株式会社(235店舗全店)
  • ヨコハマタイヤ系列(357拠点)
  • 読売新聞販売店系列(221拠点)
  • ローソン(8,644店舗)
  • ワタミフードサービス(582店舗)
上記施設の他にもたくさんの施設から御協力をいただきました。
参加登録施設の詳細は、「ライトダウンキャンペーンホームページ」内に掲載しています。
http://coolearthday.jp
連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室
(直通:03−5521−8341)
室長:小森 繁 (内線6725)
担当:渡部 行成(内線6794)
   石川 博貴(内線6793)

ページ先頭へ