報道発表資料

平成21年6月29日
地球環境
この記事を印刷

国際再生可能エネルギー機関(IRENA)設立憲章への署名について(お知らせ)

 6月29日(月)、エジプトのシャルム・エル・シェイクで開催されている国際再生可能エネルギー機関(IRENA)設立準備委員会第2回会合において、日本政府は、同機関の設立憲章に署名しましたので、お知らせします。

  1. 6月29日(月)〜30日(火)、エジプトのシャルム・エル・シェイクで開催されている国際再生可能エネルギー機関(IRENA)設立準備委員会第2回会合において、日本政府を代表して、西村康稔外務大臣政務官が、同機関の設立憲章に署名を行った。なお、同会合には、外務省、経済産業省、農林水産省及び環境省が出席。
  2. IRENAは、バイオエネルギー、太陽光、 風力、地熱、水力、海洋利用等の再生可能エネルギーの普及のための政策助言を目的として、新たに設置される国際機関である。
  3. 我が国は、低炭素社会の実現に向け、再生可能エネルギーの開発及び普及を促進しており、国際的にも、クールアース・パートナーシップの推進を通じるなどして、開発途上国への支援に積極的に取り組んできている。今回の署名を契機に、さらにこれらの取組を強化していく。
  4. IRENAは、25ヵ国が憲章を批准した日から30日目に正式に発足する予定。6月19日現在、批准国はアラブ首長国連邦のみである。
連絡先
環境省地球環境局総務課
(代表)03-3581-3351
(直通)03-5521-8243
課長:木村 祐二(6710)
調査官:吉中 厚裕(6720)
補佐:上田 健二(6722)
係長:鵜生川太郎(6724)

ページ先頭へ