報道発表資料

平成21年2月26日
総合政策
この記事を印刷

第12回環境コミュニケーション大賞の受賞作決定について(お知らせ)

 環境省と(財)地球・人間環境フォーラムは、優れた環境コミュニケーションを表彰する「第12回環境コミュニケーション大賞」を実施しておりますが、この度受賞作を決定いたしました。
 これに伴い、表彰式を平成21年3月16日(月)にニッショーホール(東京都港区虎ノ門)において開催いたします。
 表彰式終了後、サステナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク(NSC)、日本経済新聞社、(財)地球・人間環境フォーラムとの共催により、環境コミュニケーションシンポジウムを開催します。シンポジウムでは、「環境経営―中長期ビジョンと環境コミュニケーション」をテーマとして開催し、加藤 秀樹 氏(東京財団会長/構想日本代表)の基調講演や、企業関係者、学識者、有識者等によるパネルディスカッションが行われます。

環境コミュニケーション大賞

 「環境コミュニケーション大賞」は、優れた環境報告書等や環境活動レポート、およびテレビ環境CMを表彰することにより、事業者等の環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、その質の向上を図ることを目的とする表彰制度です。

受賞作について

 今回は、環境報告書部門329点、環境活動レポート部門67点、テレビ環境CM部門50点のあわせて446点の応募作について審査を行いました。
 その結果、以下の賞がそれぞれ決まりました。(詳細は別紙参照)

[環境報告書部門]

・環境報告大賞(環境大臣賞)
1点
・持続可能性報告大賞(環境大臣賞)
1点
・地球温暖化対策報告大賞(環境大臣賞)
1点
・環境報告優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)
5点
・持続可能性報告優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)
4点
・奨励賞
5点
・環境配慮促進法特定事業者賞
1点

[環境活動レポート部門]

・大賞(環境大臣賞)
1点
・優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)
7点

[テレビ環境CM部門]

・大賞(環境大臣賞)
1点
・優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)
4点

なお、環境報告書部門・環境活動レポート部門の一次選考通過作品については、下記をご覧ください。
 URL:・・・http://www.gef.or.jp/eco-com/12th_ecom_result.htm

表彰式及びシンポジウム

 表彰式を平成21年3月16日(月)13:00からニッショーホール(東京都港区虎ノ門)にて行い、式終了後、引き続き「環境経営で拓く日本の将来」と題したシンポジウムを開催いたします。

プログラム 予定

13:00〜14:30
第12回環境コミュニケーション大賞表彰式
各賞表彰状 授与
審査委員長講評 山本良一氏(東京大学生産技術研究所教授)
14:45〜15:35
基調講演
「環境社会革命で持続可能な新たな日本をつくる」(仮題)
 加藤 秀樹 氏(東京財団会長/構想日本代表)
15:45〜17:30
パネルディスカッション
「環境経営―中長期ビジョンと環境コミュニケーション」
・パネリスト(氏名の50音順)
・関 正雄氏(損害保険ジャパン理事 CSR・環境推進室長)
・善木 靖一氏(積水化学工業 CSR部環境経営グループ担当部長)
・マエキタ ミヤコ氏(サステナ代表)
・松本 泰子氏(京都大学大学院地球環境学堂准教授)
 他1名予定
〔コーディネーター〕
 後藤 敏彦氏(NSC代表幹事/環境監査研究会代表幹事)

表彰式・シンポジウム申込方法

参加を希望される方は、氏名・所属先名(会社名等)・部署・役職・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・E-mailをご記入の上、下記インターネットもしくはFAX・郵送にてお申込みください。
URL: http://www.ecomane-inst.co.jp/ecosympo2009.htm
参加可能な方へは、受講票をメール・FAX等にて送付いたします。
参加申込締切は、平成21年3月9日(月)といたします(当日消印有効)。ただし、定員(700名)になり次第締め切ります。

表彰式・シンポジウム問合先

環境コミュニケーションシンポジウム事務局
株式会社エコマネジメント研究所
Tel:03-3462-4861 Fax:03-3462-4860
E-mail: eco-com@ecomane-inst.co.jp
住所:150-0036 東京都渋谷区南平台1−9

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課
直通:03−5521−8240
代表:03−3581−3351
課長:石飛 博之(6260)
課長補佐:松本 秀一(6263)
担当:平戸 実生(6268)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ