報道発表資料

平成21年2月23日
地球環境
この記事を印刷

国連環境計画(UNEP)第25回管理理事会/グローバル閣僚級環境フォーラムの結果について(お知らせ)

 国連環境計画(UNEP)第25回管理理事会/グローバル閣僚級環境フォーラムが2月16日(月)〜2月20日(金)にナイロビにて開催されました。約150ヶ国の代表が出席し、グリーン・ニューディール、水銀対策、生物多様性等地球環境に関わる広範な分野について議論が行われました。我が国からは、竹本地球環境審議官と外務省古屋地球環境問題担当大使が政府代表として出席しました。

1.日時:

平成21年2月16日(月)〜20日(金)

2.開催地:

ナイロビ(ケニア)

3.主な出席者:

各国の環境担当大臣等約150ヶ国の代表。

4.概要

(1)グローバル閣僚級環境フォーラム

 「環境とグローバリゼーション」及び「国際環境ガバナンス」をテーマとして議論が行われた。「環境とグローバリゼーション」では、昨今の食糧、水、エネルギー及び金融等の複合的な危機をチャンスととらえ、経済のグリーン化を促すことの重要性等が議論された。「国連環境ガバナンス」では、国連システムの中での環境分野の取組の一層の推進が必要との認識で一致した。
 日本からは、わが国の「低炭素社会づくり行動計画」や「緑の経済と社会の変革」(日本版グリーン・ニューディール)を紹介し、各国と連携して経済と社会のグリーン化を推進して行く必要がある旨の発言を行った。
 なお、17日(火)午後に開かれた「グリーン経済に向けて(Towards Green Economy)」をテーマとした閣僚級ラウンドテーブルでは、竹本地球環境審議官が共同議長を務めた。

(2)デンマーク政府主催気候変動に関する非公式閣僚級会合

 18日午後にはデンマーク政府主催の「気候変動に関する閣僚級非公式協議」が行われ、先進各国の目標提案を前向きに受け入れる姿勢が重要であること、途上国の自発的な行動を国際交渉で取り上げていくべきこと、追加的な資金が必要であることなどについて議論がおこなわれた。

(3)管理理事会

 UNEPの活動計画や予算に加え、広範な環境問題について議論された。主な成果は以下の通り。

[1]水銀の管理
 水銀管理についての条約制定に向けて、2009年の後半に、政府間交渉委員会(INC)の準備会合を開催し、2010年にINCを設置、2013年までにその結論を得ること、またINCでは、水銀供給の削減や製品及び製造工程での需要削減等について検討する決定案が採択された。
[2]国際生物多様性年及び生物多様性条約第10回締約国会議(CBD/COP10)
 国際生物多様性年である2010年に愛知県名古屋市で開催されるCBD/COP10に向けて、UNEP及び各国政府が連携しつつ積極的な協力・貢献を行うよう求める、我が国から提案した決定案が採択された。
[3]生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)
 生物多様性及び生態系サービスに関する政策と科学との連携強化のためのメカニズムについて議論を深めていくこと、そのための第2回政府間マルチステークホルダー会合を2009年の早い時期に開催すること、さらに議論の進捗結果を2010年に開催される生物多様性に関する国連総会特別会合等に報告すること等を求める決定案が採択された。
[4]国際環境ガバナンス(IEG)
 国連改革の一環として検討されている国際環境ガバナンスのあり方について、今後、閣僚等で構成される小グループを設立して具体的な議論を推進する旨の決定案が採択された。

(4)バイ会談

 会期中、竹本地球環境審議官は、中国、英国、モンゴル、ハンガリー、チェコ(EU議長国)、ワンガリ・マータイ ナイロビ大学教授(ノーベル平和賞受賞者)、UNEP事務局長等と、国連気候変動枠組条約第15回締約国会合(UNFCCC/COP15)に向けての取組みや、グリーン・ニューディール政策等についての意見交換を行った。

連絡先
環境省地球環境局総務課
(直通:03−5521−8243)
課長:木村 祐二(6710)
調査官:吉中 厚裕(6720)
担当:岡山 俊直(6726)
環境保健部環境安全課
課長:木村 博承(6350)
補佐:瀬川 恵子(6353)
担当:伊藤 貴輝(6360)

ページ先頭へ