報道発表資料

平成21年2月6日
廃棄物
この記事を印刷

公開セミナー「資源管理と3R−持続可能なアジアへ向けて−」並びに「アジア3Rハイレベルセミナー」及び「持続可能な資源管理に関するアジアセミナー」の開催について(お知らせ)

 平成21年3月11日(水)に、東京・三田共用会議所においてアジア各国の3Rや資源管理に関する理解を深めることを目的とした公開セミナー「資源管理と3R−持続可能なアジアへ向けて−」を開催しますので、参加者を募集いたします。
 また、このセミナーに先立ち、3月9日(月)にアジアにおける3Rの実施促進のための国際協力のあり方を議論する「アジア3Rハイレベルセミナー」を、3月10日(火)には、アジア各国の政策責任者とUNEP「持続可能な資源管理に関する国際パネル」メンバーが資源の持続可能な管理に向けた課題を議論する「持続可能な資源管理に関するアジアセミナー」を非公開で開催します。

1 背景

 平成20年5月に神戸で開催されたG8環境大臣会合では「神戸3R行動計画」が合意されるとともに、「新・ゴミゼロ国際化行動計画」を日本として発表いたしました。
 環境省としては、両行動計画に基づき、アジアにおける循環型社会の構築に向けて、各国のニーズに応じた廃棄物の適正処理と3Rの統合的推進の支援や、資源生産性の向上や資源利用に伴う環境影響の低減に向けた取組を積極的に進めることとしています。
 これを踏まえ、3月11日(水)に公開セミナー「資源管理と3R−持続可能なアジアへ向けて−」を開催します。
 また、このセミナーに先立ち、3月9日(月)にアジアにおける3Rの実施促進のための国際協力のあり方を議論する「アジア3Rハイレベルセミナー」を、3月10日(火)には、アジア各国の政策責任者とUNEP「持続可能な資源管理に関する国際パネル」(※1)メンバーが資源の持続可能な管理に向けた課題を議論する「持続可能な資源管理に関するアジアセミナー」を非公開で開催します。
 環境省としては、これらの開催を通じて、今後、我が国のイニシアティブで発足を予定している「アジア3R推進フォーラム」(※2)に向けて、地域各国のニーズを踏まえた協力の実現方策の検討を進めるとともに、「国連環境計画(UNEP)持続可能な資源管理に関する国際パネル」の活動の進捗と成果をアジアに普及することとしています。

(※1)2007年にUNEPが世界の著名科学者等約20名をメンバーとして設立。地球規模での経済活動の拡大に伴い、国際社会の大きな課題となっている天然資源の持続可能な利用の確保に向けて、資源の利用による環境影響について独立した科学的知見を提供するとともに、環境影響を低減するための方策の理解を促進することを目指している。

(※2)アジア各国における3Rの実践を進め、資源効率の高い循環型社会の構築を支援するため、ハイレベルの政府間対話を中心に、国際機関、民間セクター、研究機関、NGO等を含む幅広い関係者の連携を促進する地域横断的なフォーラム。2008年10月の東アジア首脳会議(EAS)環境大臣会合において我が国から設立を提唱し各国の支持を得た。

2 開催時期・概要

3月11日(水)公開セミナー「資源管理と3R−持続可能なアジアへ向けて−」
 (公開セミナーの概要は別添1参照)
3月9日 (月)「アジア3Rハイレベルセミナー」(非公開)
3月10日(火)「持続可能な資源管理に関するアジアセミナー」(非公開)
 (非公開セミナーの概要は別添2参照)

3 開催場所

三田共用会議所(〒108-0073 東京都港区三田2-1-8)

 

4 使用言語

 英語(但し、3月11日(水)開催の公開セミナー「資源管理と3R−持続可能なアジアへ向けて−」については日本語による同時通訳あり)

5 参加申し込み

 3月11日(水)開催の公開セミナー「資源管理と3R−持続可能なアジアへ向けて−」のみ参加者を募集いたします(費用は無料)。参加を希望される方は、平成21年3月2日(月)までに、下記アドレスより「3月11日公開セミナー登録フォーム」にてオンラインでのお申込みをお願いいたします。ご登録いただきましたメールアドレス宛に、お申込み内容確認兼参加票のメールを送信いたしますので、印刷して当日必ずお持ちくださるようお願いいたします。なお、定員200名を上回る申込みがあった場合は、先着順とさせていただきます。(定員に達した時点で申し込みを締め切らせていただきます。)ご連絡いただいた個人情報は、参加者の管理、参加票の発行以外に使用することはございません。

日本語:
http://www.iges.or.jp/jp/news/event/090311rm/
英語:
http://www.iges.or.jp/en/news/event/090311rm/

6 取材

 報道関係者におかれましては、3日間のセミナー全体にわたる取材、及び各セミナーの冒頭のみに限った写真・カメラ撮影とさせていただきます。希望される方は、平成21年3月2日(月)までに、「御社名・媒体名(テレビ、新聞等)・撮影有無(スチール・VTR台数)・取材代表者名・取材者合計・御連絡先(TEL、携帯電話、FAX、E-mail)」を明記の上、下記アドレスより「報道関係者登録フォーム」にてオンラインでのお申込みをお願いいたします。なお、会場の都合上、お申し込みの無い場合は、取材をお断りさせていただく場合がございますのでご注意ください。

日本語:
http://www.iges.or.jp/jp/news/event/090311rm/

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室
室長:大森 恵子(内線 6898)
室長補佐:関谷 毅史(内線 6814)
係長:藤田 宏志(内線 6819)
担当:小林 弘明(内線 6818)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ