報道発表資料

平成21年1月13日
地球環境
この記事を印刷

平成20年度オフセット・クレジット(J-VER)創出モデル事業の採択について(お知らせ)

  • 環境省では、国全体を低炭素社会へとシフトする上で重要な手段の一つであるカーボン・オフセットの取組を普及・促進するため、平成20年11月14日にオフセット・クレジット(J-VER)制度(以下、「本制度」という。)を創設いたしました。
  • また、同日付けで、本制度を活用して市場ニーズの高いオフセット・クレジット(J-VER)を創出するプロジェクトのアイデアをモデル事業として募集いたしました(募集期間は、11月14日〜12月5日。)。
  • 本公募に対しては34件の応募があり、専門家からなる審査委員会の意見を頂きながら選定を行ったところ、(1)化石燃料から間伐材由来木質バイオマスへのストーブ燃料代替、(2)化石燃料から製材端材由来木質バイオマスへのストーブ燃料代替、(3)化石燃料から製材端材由来木質バイオマスへのボイラー燃料代替、(4)小水力発電による系統電力代替、(5)廃食油由来のバイオマス燃料製造、(6)下水汚泥由来のバイオマス燃料製造の合計6種類のプロジェクト(案件数は9件)の採択を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1.オフセット・クレジット(J-VER)制度とは

 本制度は、国内のプロジェクトにより実現された温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いることのできるオフセット・クレジット(J-VER)として認証する制度であり、これにより、個人、企業、自治体等による主体的なカーボン・オフセットの取組を促進することが期待されています。

【(参考)オフセット・クレジット(J-VER)制度について】
 オフセット・クレジット(J-VER)制度については、下記の環境省HP及び気候変動対策認証センター(事務局:社団法人海外環境協力センター)HPを御覧ください。
環境省HP http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset.html
気候変動対策認証センター http://www.4cj.org/jver/index.html

2.本モデル事業の目的と概要

 本モデル事業は、本制度に基づいて市場ニーズの高いオフセット・クレジット(J-VER)を創出するプロジェクトのアイデアを募集するものです。
 モデル事業として採択されたプロジェクトをもとに、オフセット・クレジット(J-VER)認証運営委員会がポジティブリスト、適格性基準、方法論を策定することとしております。

3.採択の基準

 主に以下の事項について評価し、採択を行いました。

 市場流通型のクレジットとしての要件を勘案して、オフセット・クレジット(J-VER)制度に則したプロジェクト種類として、追加性の考え方(本制度が存在しなかった場合には実施されなかったプロジェクトか)、排出削減量の算定方法、モニタリング方法等の提案は妥当なものか。第三者の検証に耐えうるものか。
 提案されたプロジェクトが採択された場合、また、当該プロジェクト及びプロジェクトに基づく方法論が本制度の対象として位置づけられた場合、他の市民、企業等による主体的な排出削減努力、具体的な地球温暖化対策の実施を呼び起こす契機となるか。その政策的効果として大幅な排出削減量が見込めるポテンシャルがあるか。
 温室効果ガス排出削減以外のコベネフィット(経済発展など他の分野における好影響)としてどのようなものがあるか。それは政策的に意義あるものか。また、プロジェクト自体は環境社会影響評価上問題ないか。
 プロジェクトとしての実現可能性は高いか。

 なお、応募要領に基づき、採択・不採択の理由については非公表としておりますので、お問い合わせには応じられません。

4.採択事業者一覧(全9件)

(1)化石燃料から間伐材由来木質バイオマスへのストーブ燃料代替
・特定非営利活動法人 森のライフスタイル研究所
・北海道網走郡美幌町
(2)化石燃料から製材端材由来木質バイオマスへのストーブ燃料代替
・株式会社クレコ・ラボ
・高知県梼原町
(3)化石燃料から製材端材由来木質バイオマスへのボイラー燃料代替
・北海道上川郡下川町
・株式会社クレコ・ラボ((2)と同一の申請)
・株式会社 相愛
・高知県梼原町((2)と同一の申請)
(4)小水力発電による系統電力代替
・高知県梼原町
(5)廃食油由来のバイオマス燃料製造
・北海道石狩郡当別町地域公共交通活性化協議会
(6)下水汚泥由来のバイオマス燃料製造
・バイオソリッドエナジー株式会社

※各事業の概要については別紙参照

5.今後の予定について

 今回モデル事業として採択されたプロジェクトをもとに、ポジティブリスト、適格性基準、方法論案を策定し、年度内を目途にパブリック・コメントにかける予定としております。その上で、オフセット・クレジット(J-VER)認証運営委員会において、ポジティブリスト等を確定し、公表いたします。

 また、今回採択されたプロジェクトをもとに策定するポジティブリスト等以外に、ポジティブリスト、適格性基準及び方法論等の提案を希望される方は、気候変動対策認証センター(事務局:社団法人海外環境協力センター)において御意見を受け付けておりますので、随時御提出ください。
 http://www.4cj.org/jver/document/jver_opinion_081208.pdf

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
直通:03-5521-8354
代表:03-3581-3351
室長:高橋 康夫(6737)
担当:吉崎 仁志(6785)
担当:泉 勇気(6041)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ