報道発表資料

平成20年12月19日
自然環境
この記事を印刷

トキの分散飼育実施地の決定について(お知らせ)

 キ保護増殖事業計画に基づき、鳥インフルエンザ等の感染症による絶滅の回避などを目的として実施するトキの分散飼育に関し、石川県、島根県出雲市及び新潟県長岡市をトキ分散飼育実施地に決定しましたのでお知らせします。
 なお、トキの引き渡しは、トキの飼育繁殖に関する施設及び体制の整備、技術向上等の準備が整った自治体から順次行うこととしており、それぞれの自治体の状況により約1年から3年後となる見通しです。

1.トキの分散飼育について

 トキ保護増殖事業計画に基づき、鳥インフルエンザ等の感染症による絶滅の危機の回避を主たる目的として実施する。
 また、佐渡トキ保護センターのトキの飼育・繁殖機能を補完する。

2.主な経緯等

平成16年 1月
トキ保護増殖事業計画を変更し、同計画に「飼育個体の分散」を位置づけ。
平成18年 3月
トキ飼育繁殖に係る専門家による検討を開始。
平成19年 3月
環境省がトキ飼育繁殖専門家会合設置。
平成20年 3月
トキ分散飼育検討対象地として石川県、島根県出雲市、新潟県長岡市を選定。
平成20年 6月
トキ飼育繁殖専門家会合によるトキ分散飼育検討対象地の現地調査。
平成20年11月
トキ飼育繁殖専門家会合によるトキ分散飼育検討対象地の検討など。
平成20年12月
トキ分散飼育検討対象地の3つの自治体から、トキ分散飼育の実施の正式な申出を受け、環境省がトキ分散飼育実施地を決定。

3.トキ分散飼育実施地

石川県、島根県出雲市、新潟県長岡市

4.今後の主な手順

(1)
 トキ分散飼育実施地の自治体がトキ飼育繁殖専門家会合の助言を踏まえ、施設・体制整備、技術向上に取り組む。
(2)
 トキの引渡しは、トキの飼育繁殖に関する施設及び体制の整備、技術向上等の準備が整った自治体から順次行うこととしており、それぞれの自治体の状況により約1年から3年後となる見通し。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課
直通:03−5521−8283
代表:03−3581−3351
課長:星野 一昭(6460)
補佐:西山 理行(6475)
専門官:中村 昌孝(6469)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ