報道発表資料

平成20年12月16日
地球環境
この記事を印刷

全国初、鹿追町アートロード商店街まるごとウォームビズ 20℃宣言の実施について(お知らせ)

 チーム・マイナス6%(環境省)では、CO2排出量が1990年比で約40%も増加している業務部門の温暖化防止対策を強化推進するねらいから、「ウォームビズ20℃プロジェクト」と題して、北海道を中心に、東京、大阪、兵庫など全国各地で、商業施設における暖房時の室温を20℃にする取組を推進することとしております。
 この度、北海道鹿追町のアートロード商店街の皆様が、チーム・マイナス6%の呼び掛けに呼応し、全国で初めて、商店街全体で、暖房時の室温を20℃にする取組を実践することとなり、そのキックオフとして、鹿追町経済観光交流館ほほえみプラザイベントホールにて、12月18日(木)午前11時より、宣言式を行うこととなりましたのでお知らせします。
 なお、宣言式では、アートロード商店街の皆様と鹿追町長、環境省北海道地方環境事務所長らが出席し、同取組のキックオフを行うこととしております。

鹿追町アートロード商店街における20℃宣言について

 鹿追町アートロード商店街では、チーム・マイナス6%(環境省)及び北海道商工会連合会の呼び掛けに呼応し、商店街全体としては全国で初めて、暖房時の室温を20℃にする取組を12月18日から始めることとしております。
 そのキックオフとして、12月18日(木)11時から鹿追町経済観光交流館ほほえみプラザのイベントホールにて、アートロード商店街の皆様や鹿追町長らが出席する宣言式を行うとともに、宣言式後、各店舗にチーム・マイナス6%(環境省)が制作した、暖房時の室温20℃の取組を推進するウォームビズポスターを配布しながら、取組の実践を改めて呼び掛けていくこととしています。
 なお、チーム・マイナス6%では、今後、鹿追町アートロード商店街に訪れる方々に対して、暖房時の室温を20℃にするアートロード商店街の取組をどのように感じるかアンケート調査するとともに、今後、灯油等の暖房エネルギー使用量が、暖房時の室温20℃の取組でどのように変化するかなどの調査を実施し、後日、その成果等をチーム・マイナス6%のホームページ等で公表することとしております。

<宣言式スケジュール>
日時:
11:00〜(20分程度)
場所:
鹿追町経済観光交流館ほほえみプラザ イベントホール
概要:
アートロード商店街の皆様や鹿追町長、環境省北海道地方環境事務所長らが出席して、暖房時の室温を20℃にする取組を開始する宣言式を行います。

ウォームビズ 室温20℃プロジェクトの実施について

 チーム・マイナス6%では、冬の温暖化対策の一つとして、暖房時の室温を20℃にしても快適に過ごすことのできるライフスタイル「ウォームビズ」を推進しています。
 特に、本年度は、CO2排出量が1990年比で約40%も増加している業務部門の温暖化防止対策を強化推進するねらいから、「ウォームビズ20℃プロジェクト」と題して、北海道を中心に、東京、大阪、兵庫など全国各地で、商業施設等における暖房時の室温を20℃にする取組を推進することとしております。
 特に、北海道では、これまで、商業施設における暖房時の室温を2℃低くする試験的取組の実施とその館内を来館者がどのように感じたか調査する「ウォームビズ体感調査」の実施や、家庭での暖房時の室温調査を実施してきたところであり、今年は、それらの調査結果を踏まえた取組を推進することとしております。
 具体的には、北海道商工会連合会や札幌市商店街振興組合連合会など企業団体に呼び掛けを行うなどして、商業施設を中心に、暖房時の室温を20℃の取組を推進していくこととしております。

<各店舗に掲載いただくウォームビズポスター>
ウォームビズポスター
連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
国民生活対策室(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8341)
室長:染野憲治(内:6725)
室長補佐:河野通治(内:6763)
係長:林 俊宏(内:6792)

ページ先頭へ