報道発表資料

平成20年12月12日
大気環境
この記事を印刷

平成19年度大気汚染状況について

 我が国では、大気汚染防止法(以下「大防法」という。)に基づき、都道府県及び大防法上の政令市において大気汚染の常時監視が行われている。
 平成19年度末現在の測定局数は、全国で2,006局であり、内訳は一般環境大気測定局(以下「一般局」という。)が1,561局(国設局9局を含む。)、自動車排出ガス測定局(以下「自排局」という。)が445局(国設局10局を含む。)となっている。
 平成19年度の測定結果の概要は、以下のとおりである。
 環境省としては、本調査結果を踏まえ、環境基準の達成・維持に向けて、工場・事業場の排出ガス対策、自動車排出ガス対策、低公害車の普及等を引き続き総合的に推進するとともに、平成18年度からは、大防法に基づく揮発性有機化合物(VOC)の排出規制を開始し、大気環境の一層の改善を図っている。

1 二酸化窒素(NO2)
 環境基準達成率は、一般局では近年ほとんど全ての測定局で環境基準を達成しており、平成18年度に続き100%となった。自排局では94.4%で平成18年度(90.7%)と比べやや改善している。自動車NOx・PM法の対策地域については、一般局では18年度に引き続き100%となり、自排局では90.6%で、平成18年度(83.7%)と比べ改善している。
 また、年平均値の推移については、近年ゆるやかな改善傾向がみられる。
2 浮遊粒子状物質(SPM)
 環境基準達成率は、一般局で89.5%、自排局で88.6%であり、平成18年度(一般局:93.0%、自排局:92.8%)に比べて、一般局、自排局ともやや低下している。自動車NOx・PM法の対策地域については、一般局で93.2%、自排局で92.5%であり、平成18年度(一般局:96.7%、自排局:92.1%)と比較すると、一般局ではやや低下し、自排局ではほぼ横ばいであった。
 環境基準達成率の低下の要因としては、黄砂などによると考えられる影響により環境基準を超える日が2日以上連続した測定局の割合が、平成18年度に比べ増加したことによるものである。
 一方、年平均値の推移については、近年ゆるやかな改善傾向がみられる。
3 光化学オキシダント(Ox)
 環境基準達成率は、一般局で0.1%、自排局で3.3%であり、達成状況は依然として極めて低い水準となっている(平成18年度 一般局:0.1%、自排局:3.7%)。
 また、光化学オキシダント注意報等発令延べ日数は220日で、平成18年度(177日)より増加しており、新潟県、大分県で初めて同注意報が発令された。(注意報発令状況等については、平成20年2月に公表済)
4 二酸化硫黄(SO2)
 環境基準達成率は、一般局で99.8%、自排局で100%であり、近年ほとんど全ての測定局で環境基準を達成している。
5 一酸化炭素(CO)
 環境基準達成率は、一般局、自排局とも近年全ての測定局で環境基準を達成している。

詳しくはこちらをご覧下さい。

大気環境・自動車対策(水・大気環境局)行政資料
大気汚染状況について

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局大気環境課
代表 03−3581−3351
直通 03−5521−8294
大気環境課長 早水 輝好(6530)
課長補佐 手塚 英明(6538)

環境省水・大気環境局自動車環境対策課
直通 03−5521−8301
自動車環境対策課長 内藤 克彦(6520)
課長補佐 林 誠(6563)

関連情報

関連Webページ

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ